ユザワヤでもらったレシピで バッグ作りに挑戦しました。

ソーイング

こんにちは。

久々に自分の写真を撮って、

見たら久しぶりにダイエットしなくてはいけない。

と思ったのに、毎日ビーノを1袋食べるのがやめられない。

でも先程家にある最後の一袋食べて終わったので、

買いません。

しばらくは。

でもついつい買っちゃうんですよね。

スナック菓子のくせにGI値低めだし。

なーんて言い訳しつつ買っちゃう。

ついつい買っちゃうと言えばこの間。

ユザワヤで作り方の紙をもらう。

刺繍糸と帆布のカットクロスを買いにユザワヤさんに行ってきました。

1ヶ月ほど前に買った帆布のカットクロスと同じものが欲しかったのですが、ない。

ウロウロしてたら色々目についてしまって、結局こんなに購入していました。

そもそも帆布のカットクロスを購入しに行ったのは、

バッグを作りたかったから。

家にある帆布ではどうしても足りなかったので、

追加で購入したかったのです。

ウロウロしている間に、作られた見本を発見。

それが、ちょうど作りたいサイズ。

なので、この用紙のバッグを作ろう思いました。

家にある帆布と合わせて作ればいいやと思い、表布だけを選んで購入しました。

この用紙は、1000円以上購入の方にプレゼントとあったので、

金額的に問題なかったので会計の際くださいと催促をしありがたく頂いてきました。

材料

  カットクロス  (50cm×110cm幅)   2枚

以上。

 ユザワヤで頂いた紙には裏布と接着芯と書かれていたのですが、私は家にあった帆布を使ったので裏布と接着芯は必要ありませんでした。

もしも、帆布ではないカットクロスで作る方は接着芯も必要です。

今日は、帆布を使った接着芯なしの作り方になります。

型を取る

 型紙が無いことに気づいていませんでした。

 一瞬パターンなんか作れない。と思ったのですが用紙に細かく書いてあった長さを図りながらやったら綺麗にできました。

カーブは、家にあったファブリックウエイトで描きました。

ファブリックウエイトは洋裁初心者の方は購入してても損はないですよ。

型紙を取る時の重しになるのはもちろんのこと、カーブって洋服作りの際には避けられません。

今日みたいな日にも使えたし。

布を裁つ

中表にした布に型を書き(上の写真)縫い代1cmをとって切り取ります。

これを型にし、残り3枚の布に印を付けます。

印を付けたところから切ります。(下写真)。

ミシンで縫う

  1. 表布を中表に合わせて底と脇を縫い、マチを縫う。
  2. 裏布を中表に合わせて底と脇を縫い、マチを縫う。(注・底は返し口用に20cm開けておく)
  3. 表本体を表に返し、裏本体の中に入れ中表に合わせる。
  4. 袋口を縫う。両方の持ちての10cmくらい縫い残す。
  5. 返し口より表に返す。
  6. 持ち手を縫い合わせる。(下に写真のせてあります。)縫い代は割る。
  7. 持ちての両側を出来上がりに折りアイロンをかける。この時持ち手全体にアイロンをかける。
  8. 返し口を閉じる。

出来上がり

写真の中からちろりと見せているのは、雑誌です。

女性ファッション雑誌がすっぽり隠れるサイズに出来上がりました。

裏布に帆布を使うことによって、型がしっかりしています。

接着芯を貼って作るよりもこちらのほうがしっかりしているので、

中に少し重めのものを入れても気にならない。

表布の柄と質によってバッグの雰囲気も変わってくるので、色々アレンジできますね。

しかし今日は、無地で作ったため地味すぎる。

なので、先日棚の奥に眠っていた布切れを見つけたので簡単ブローチをつくりました。

おまけの簡単ブローチ

何を作るにも少し足りない端切れ。

中表にして丸、四角、かく。

形通りにミシンで縫って、切り口を作り表に返して、綿を詰めたところ。

綿を詰めた後に、切り口をまつってブローチピンを付けたら出来上がり。

バッグは1時間半。

ブローチは15分くらいで出来ます。

ブローチは、端切れで簡単に出来るのでオススメです。

厚手の生地でつくると、適当に作っても可愛いです。

娘(8歳)顔みたいなのもいいんじゃない?とアイデア出してました。

今日は簡単に出来上がりも綺麗にできたので、満足です。

初心者さんでも簡単に出来ますよ!!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング、ポチってもらえると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました