今更ですが、大家さんと僕読みました。

読書記録

3日続けてすごい雨ですね。

何が嫌って、

やっぱり洗濯物が乾かないこと。

最近、というかここ2,3年くらいで

コインランドリーの数すごく増えましたよね?

他の方も家に干すの嫌なのかな?とか

雨が増えたのかな?とか

乾燥機ってやっぱり便利なのかな?

とか考えてしまいます。

私の一番近くにできた

コインランドリーは駐車場に常に車があります。

こんな天気の日は満車だったり。

今日は、

大家さんと僕という

お笑い芸人の矢部太郎さんが書いた

漫画の感想を書こうと思います。

大家さんと僕

あらすじは

住んでいるアパートの大家さんと僕のお話

たったそれだけなんだけど、

この漫画を読むと、

わらったり、学んだり、泣いたり。

でも、その感情は決して激しいものではなくて、

全部穏やかに感じる程度。

その感じがとっても良かったです。

登場人物予想

矢部太郎さん、

絵がヘタな私が言うのもなんですが、

絵は上手ではありません。

でも、特徴をちゃんと捉えてて

すごく良く分かるんです。

で、この本に

吉本の先輩が何人か登場するんですけど、

ニット帽をかぶった

口うるさい先輩は蔵野孝洋(ほんこん)と予想。

私は読んでる時に、蔵野の声で脳内再生されていました。

で、2巻に出てくる

先輩は博多大吉さんだと予想。

これは、顔が似ているから。

矢部さんの下手な絵(失礼か!)でも

博多大吉さんとわかりました。

(違ってたらごめんなさい。矢部さん)

大家さんと散歩をしている時に会った先輩芸人は

馬場園さんと隅田さんだと予想。

これまた顔が似ている。

矢部さんの下手な絵(再び失礼か!)でも

アジアンのお二人だとわかりました。

(違ってたらごめんなさい。矢部さん)

もし、今挙げた人たちが当たってたら、

矢部さんの画力凄い!!

だって、ひと目で分かるくらい特徴捉えています。

大家さん

行きつけは伊勢丹の大家さん。

2日に一回美容室にいく大家さん。

更新料のお返しにプレゼントをくれる大家さん。

もうぶっちぎりのお金持ちですよね。

羨ましい。

そして、

四季折々を大事にしている大家さんの

素敵な習慣を見ていると

お嬢さんだったんだなと思います。

昔の人だから当たり前という意見も

あるかもしれないですが、

それを今の時代まで

続けられるというのは、

お嬢さん特有の品の良さだと感じました。

四季折々を大切にしたいと

日々思う私ですが、

そういうのって、

なかなか身につきません。

そういった点でも、

矢部さんは本当にいい出会いをしたし、

羨ましいなと思いました。

大家さんの謎

大家さんの人生において

大きな出来事だったからなのか?

矢部さんが書きやすいエピソードだったのか?

その両方なのか。

どれなのかはわからないけど、

大家さんの基準が戦争パターンが多くて、

そういうものなんだろうか?と

考えてしまいました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読書記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のつくりかた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました