基本のソーイング(裁縫)の用語についてまとめました。

ソーイング

今日、1つ年を重ねました。たごっとです。

おはようございます。

なんとなくは、分かっているソーイングの用語。

ソーイングの本は、図解もついているので

本当になんとなく分かっているだけでも、

できちゃいますが、今回は基本のソーイング用語まとめます。



あ行

あきどまり

あき部分の終わり。「ここまであける」ということを示している。

ファスナーを付ける箇所などに印がある。

あて布

力のかかる部分に表から布を当て、表布を補強すること。力布ともいう。

いせる

布に立体的な丸みを出す方法。

粗めのミシンで縫ってから、ギャザーが寄らない程度に糸を引いて丸みやふくらみを出すこと。

上糸

ミシンは上糸と下糸の2本が絡み合って縫い進む。

上糸はミシンの上側に掛けて針に通す糸の事。

襟ぐり

首に沿った部分のこと。

落としミシン

縫い代を落ち着かせて、補強をするために縫い代の際に表からミシンをかけること。

折り代

布端の折り曲げる部分のこと。

か行

返し口

縫った布を表に返すために、縫わずに残しておく部分

布を表に返した後、表から手縫いで縫い閉じる。

小物作りでよく使う用語

返し縫い

縫い始めと縫い終わりを丈夫にするために、3〜4針重ねて縫うこと



さ行

裁断

布を切ること

下糸

ミシンは上糸と下糸の2本で縫い進むが、下糸はボビンにセットして使う布の方。

しつけ

本縫い(作品を仕上げるために縫うこと)の前に

縫い目や折り目がずれないように、仮縫い止めること。

実物大型紙

出来上がりと同じ寸法の型紙のこと。

ショルダーポイント

上腕のほぼ中心になる肩先の点。

型紙ではSPと記されることがある。

ステッチをかける

縫い代を安定させるために表から縫ったり、

布と違う色などを使って飾り縫いをすること。

外表

二枚の布の表と裏を内側にして合わせること。

た行

断ち端

裁断した布の切り口のこと。

ほつれないように処理する必要がある。

試し縫い

本縫いをする前に、使用する布の端切れで縫い目の状態を確かめること。

力布

力のかかる部分に表から布を当て、表布を補強すること。あて布ともいう。

共布

表布と同じ布



な行

中表

二枚の布を表と表を内側にして合わせること。

縫い代

二枚の布を縫い合わせるときの縫い目から布端までのこと。

ネックポイント

襟ぐりと肩の線が交わった点のこと。

型紙ではNPと記されることが多い。

ノッチ

縫い代にはさみで小さく切り込みを入れて付ける印。

は行

プリーツ

スカートなどに寄せるひだのこと。

別断ち見返し

見頃とは別に裁断し、縫い合わせた見返しのこと。

ま行

前中心

服の前側の中心のこと。

型紙ではFCと記さる事が多い。

股上

ズボンの股の分かれ目よりも上のこと。

股下

ズボンの股の分かれ目よりも下のこと。

まつり縫い

縫い目が目立たないように布端を止める縫い方。

ズボンやスカートの裾上げなどによく使う。

見返し

布端の処理や補強のためブラウスなどの前合わせの裏や、襟ぐり袖ぐりの裏側につける布のこと。

見頃

服で上半身を包む部分のこと。

体の前側が前身頃

体の後ろ側が後ろ見頃

持ち出し

ウエストベルト、ファスナーなどのあきの部分に

布が重なるようになる部分。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました