薄地布と厚地布の種類。ミシン針、ミシン糸について。

ソーイング

おはようございます。たごっとです。

現在必死になって、ジャケットを作成しています。



今回は、針と糸と布の事について。

ミシン糸とミシン針

ミシン糸とミシン針は布の厚さに合わせて使用します。

針と糸が布に適していないと、

目が飛ぶ、糸が切れるなどのトラブルの原因になります。

太い糸で縫うときは縫い目の長さを長め。

細い糸で縫うときは縫い目の長さを短め。

にすると、仕上がりが綺麗になります。

ミシン糸

木綿糸、絹糸、ポリエステル糸などがある。

色が豊富で丈夫なポリエステル糸がおすすめ。

90番60番30番など色々な太さがあります。

番号が大きいほど薄地向けになります。

ミシン糸は年数とともに劣化するので、

よく売れているお店で購入したほうがいいです。

ミシン針

家庭用、工業用、ロックミシン用がある。

ミシンにあったミシン針を用意。

よく使われるのは、

9番、11番、14番、16番で

糸とは逆に番号が小さい方が細い

ミシンを使っているときに、

針が折れたり、曲がったりすることがあるので、

予備を置いて置くといいです。



ニットなどの伸びる布には伸縮性のある50番糸とニット専用針。

デニムの厚地の場合は30番の糸とデニム/ジーンズ専用針。

薄地(ハンカチ程度の厚さ)

糸90番 針9号

シルクジョーゼット

薄地で柔らかく、しっとりとしてドレープ性がある。

光沢のある素材なので、ドレスに使われることが多い。

リネンタンブラー

織り上げた布を洗いにかけ、自然にできたシワのまま売られている布

夏物のブラウスやワンピース、スカート

綿ボイル

密度の粗い平織りの生地、シャリ感があり軽い。

夏物のブラウスやワンピース、カーテンにも

綿ローン

薄地ですが、張りがあって高級感がある。

エレガントなブラウスやドレス、ハンカチなど。

ウールモリスン

軽くて薄く、肌触りがよく、しわになりにくい。

ブラウス、寝具、スカーフなど。

麻ボイル

薄地でやや目が荒く、軽い風合いの織物。

シャツやブラウス、カーテンにも。

チュール(色々厚みがある)

六角形の網目構造をした薄い素材。

糸の太さで色々な種類があるので、目的に合わせて選ぶ。

ドレスがペチコートに使うと華やかに。

ナイロンシャー・ナイロンオーガンジー

どちらもナイロン素材で透けるように薄くて軽い。

ドレスやパニエに

厚地(ジーンズ程度の厚さ)

 糸 30番・60番 

針 14号・16号

デニム(14オンスデニム)

デニムのオンスは生地1平方ヤード当たりの重さのこと。

数字が大きくなるほど厚くなる。

ブルージーンズ、スカート、バッグ。

(6オンスデニムやソフトデニムは普通地の針と糸)

ボア

羊の毛皮に似せて作られている。

コートの襟、袖口、ぬいぐるみに

キルティング

表布と裏布の間に綿などを挟みステッチを掛けた生地。

子供用のバッグなどに。

ベルベット(型押し)

先を切りそろえた短い毛羽が織り込まれているベルベットに

加工をして模様を出したもの

光沢のある素材で主にドレスなどに使用。



帆布(1号から11号まである)

太い糸で密に織られているので丈夫。

1号から11号までの規格があり、

号数が小さくなるほど生地が厚くなる

トートバッグやテーブルクロスなどに使われる。

ジュート

黄麻(こうま)が原料。厚手で独特の風合い。

タペストリーマットなどのインテリアや小物などに使われる。

糸と針の相性はミシンを気持ちよく使うのに重要です。

たまに、生地と針、糸をきちんとしていても糸調節がうまく行かないことがあります。

ダイヤルで調節してもなかなかきれいにならないときは、

ミシンのボビンを入れているところをお掃除すると直ることがあります。

ネジを外してのお掃除は、正直面倒くさいと思いますが、

結構ホコリが溜まるので、こまめにやっていたほうが

ミシンでのトラブルが少ないように感じます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました