ライ麦畑でつかまえてがやっと理解できた。

映画

おはようございます。

たごっとです。

中学生の頃、

家の本棚にあった

ライ麦畑でつかまえてを読んだ時、

意味がわからない

って感じでした。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

正確には、

なんで名作なのか、

わからない。

っていう感想。

読書をしない方でも、

一度は耳にしたことのあるタイトルだと思うのですが。

こちらの本です

ライ麦畑でつかまえて

この物語は、主人公のホールデンが病院での療養中に、

去年のクリスマスの出来事を語る形式で書かれた小説です。

主人公のホールデンは、4度目の高校の退学が決まっていました。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

ホールデンは、

社会、そして大人の建前を拒否し、

子どもたちの純粋な存在を肯定。

そのような文章が、クリスマスの出来事を語りながら

書き綴られている小説。

今回も読んでいて、

やっぱりよくわからないな、

なんで名作なんだろうな、

と思いながら読み進めていったのですが、

途中から、

どんどん引き込まれていきました。

小説の途中までは、

たごっとには、

とてもわがままな少年に写ったんです。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

でも、途中を過ぎたあたりから、

この主人公ホールデンの気持ちが

どんどん理解できていくんです。

というのも、

大人でも子供でもない時代、

その時に多くの人が葛藤する

大人への理想とギャップ、

社会に出るときの理想のギャップに悩む

青年期に多くの人が疑問に思い悩み

そして葛藤する心なんです。

序盤は本当につまらなくて、

読むのをやめてしまおうかとも思ったのですが、

最後まで読んで良かったなと思います。

この作品が名作と言われ読み続けられている理由は、

世界中の青年期を迎えた人が、

一度は悩むテーマだからなんだろうな

って思いました。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

今回、ライ麦畑でつかまえてを読もうと思ったのが、

こちらの映画を見たからです。

この映画は、

サリンジャーの生涯が描かれた映画。

この映画を見たら、

ライ麦畑でつかまえてが読みたくなってしまったんです。

たごっとのように

ライ麦畑でつかまえてでの良さがわからなかった方

よく意味が理解できなかった方とかは

この映画を見てから

もう一度、

ライ麦畑でつかまえてを読むのがおすすめ。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

映画で描かれていた

サリンジャーの生涯を見た後に

この小説を読むと、

ライ麦畑でつかまえても

理解できて、

サリンジャーの人生の選択も理解できると思います。

映画のラストと小説のラストが

きれいに繋がったような気が

たごっとはしました。

映画を読んで、小説を再読したわけなんですけど、

また、映画がみたいななんて思っちゃったり。

小説を読んだことのない方は、

映画の方を見てから読むのが良いのではないかな?と

たごっとは思います。

【楽天1位】金木犀 香水 セット 舞妓夢コロン うさぎ饅頭 練り香水 キンモクセイ 香水 京コスメ 京都限定 オーデコロン きんもくせいの香り 金木犀の香り プレゼント 女性

サリンジャー

ライ麦畑でつかまえての主人公ホールデンの葛藤を

読むことによって

映画でのサリンジャーの人生の選択も

理解できたような気がします。

サリンジャーがこの小説を発表し

小説家として成功しているにも関わらず、

出版されている小説が少ない理由も

この映画を見ることによってわかります。

映画のタイトルにひとりぼっちと

ネガティブワードがついているのですが、

自分自身を納得させたくて

選んだ人生のような気がします。

だから、一人ぼっちで寂しさもあっただろうけど、

自分自身が納得出来たのではないかと思いました。

そんな人生の選択をしたサリンジャーは

たごっとの目には崇高に写りました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
映画 読書記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のつくりかた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました