大きな服を着る、小さな服を着る。 濱田明日香さんの本からVネックプルオーバー作ってみました。

ソーイング

最近、娘の成長とともに

自分の時間が少し出来るようになって、

洋服作りも再開し、

ブログも書くようになったのですが

このブログに載せるために

以前の作品を写真を見てびっくり。

着古していたんですね。

めちゃめちゃ色あせてる!!

全然気にしていませんでした。

自分の時間もできてきたので、

古いお洋服を処分して、

どんどん新しいお洋服を

作っていこうと思っています。

今はストックしている布で

出来る作品ができないか

沢山の本を広げて探しているのですが、

もともと作りたい作品が

載っているから買っているので、

本を改めて見返すことによって、

モチベーションがあがるので

とてもいい効果だと感じています。

今日の作品は、

大きな服を着る、小さな服を着るから

これからの季節に大活躍しそうな

プルオーバーを選びました。

材料

表布  110cm幅  1m60cm

接着芯 15×5cm

布 本ではシャツ用の

薄いデニム生地を使用しており、

落ち着きのある素材を選ぶと

袖の表情がきれいに出るとあります。

私は、薄手のリネンで作りました。

大きな服を着る、小さな服を着る。

この本は、形は同じなのに

大きく作るバージョンと

小さく作るバージョンがあります。

それは、単にサイズを大きくするのとは違い

シルエットが少し変わるんです。

シルエットが変わることによって、

洋服の印象も着ている人の印象も変わる。

おしゃれを楽しむ人に向いていますし、

おしゃれを楽しむ事を知れる本だと思います。

デザインも奇抜なものは無いですが、

牧歌的なわけでもなく。

流行りに流されないデザインばかりなので

とてもおすすめです。

サイズ

小さな服の方の型紙は、サイズが2つあります。

大きな服は方の型紙はワンサイズ。

今日は、小さな服の方のサイズ1の方で作ってみました。

この本に型紙は2枚。

1枚は小さい服。

もう一枚は大きい服。

なので、型紙を写す際線を選ぶのが楽です。

サイズ展開が多いソーイング本は、

線が多くて自分の作りたいサイズの線を迷ったりしますが

この本はそういった迷いはないです。

感想

今日作った作品は、

シャツなので時間もほとんどかからず

作れたのですが、

型紙のパーツは少し多めに感じました。

でも、パーツが多いのは

ハンドメイド感を感じなくさせてくれるので、

仕上がりがいい感じになることが多いです。

工程も特に間違えそうな箇所はなかったのですが、

裾の方が少し初心者には難関かも。

私にも難関でした。

で、仕上がりがこちら

サイズ1で作ったのですが、大きいな。

152cmの私にはおおきいな。

でも、スッキリとしたシルエットなので

中になにか着たり、

私のもっさりとした腰回りを

隠してくれるので大成功!!

この夏ヘビーユーズしてしまう予感です。

こちらの本を参考にしています。

この本から作っている作品は

こちらのブログ

大きな服を作る、小さな服を作るよりギャザーフレアワンピ作りました。
大きな服を着る、小さな服を着るよりウエストギャザーワンピ作りました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました