パーマカルチャー映画 TOMORROWを見ました。

映画

我が家はまだ、薪ストーブはもちろん、

暖房とかストーブとか使っていないです。

今年は暖冬なんでしょうか?

おはようございます。

たごっとです。

TOMORROW あらすじ

この作品は、2012年に学術雑誌「ネイチャー」で発表された

論文に衝撃を受けた、

女優で監督、メラニー・ロランがシリル・ディオンと共に、

未来のために解決策を求めて世界へと旅に出るドキュメンタリ映画。

1年以内の結婚を目指す人の結婚相談所

冒頭に、科学者たちが今の生活をしていると

地球が滅びてしまうというお話というか、説明から入ります。

確かに衝撃的なんです。

先の未来ではなく、近い将来なのが。

食の新しい考え方

この映画では、未来のための解決策のために一番初めに

食の新しい考え方を求め、

パーマメント・アグリカルチャーを紹介します。

アメリカ、イギリス、フランスの3ヶ国で

行われているパーマカルチャーを紹介しています。

1年以内の結婚を目指す人の結婚相談所

石油がなくても

続いては、石油エネルギーが大きく使われていますが、

石油以外のエネルギーをメイン使用している場所と方法を紹介。

経済・政治・教育

・節約や倹約をしていると経済が止まってしまうので、

資源を大切にしながら、経済的にも豊かになっていくような取り組みをしているところを紹介。

・世界的に政治というのは経済の流れを良くする事が中心になっているけれど、

人々の生活を良くしようとしている政策を行って成功した地域の紹介。

・これからの未来を背負って立つ子どもたちの

教育改革に成功したフィンランドの紹介。

1年以内の結婚を目指す人の結婚相談所

大体の映画の流れはこんな感じです。

感想

環境問題という言葉は、結構昔から聞くのですが、

全く解消されていないというか、問題がどんどん大きくなっている感じがします。

環境問題というと、エネルギーの変換やリサイクルと言った言葉が

思い浮かぶのですが、

この映画では、それだけではなく

政治や経済、教育からも

アプローチしていかなければこの問題は解決しないのだということを

教えてくれます。

1年以内の結婚を目指す人の結婚相談所

映画では、具体的な行動を起こしている地域、

成功している地域を紹介しているので、

なるほどなと思うし、世界中でこういう風にしていけばいいのにと

単純に思ってしまいますが、

成功している地域も、

おそらく紆余曲折があって成功しているわけで、

簡単にガラッと変えたわけでは無いと思うわけです。

1年以内の結婚を目指す人の結婚相談所

こういう問題の時に、私が嫌だなと感じるのは

0か100かみたいな考え方。

この映画もきっと、拒否反応を示す人や理想論でしょ。

みたいなことを言う人がいると思うんです。

逆に、声高にこれが正しいと言っちゃう人。

まあ、私もこれは良いなあと思いながら映画を見たのですが、

この映画は、これが正解なんだよと見せたわけではなく、

解決策の見本を見せてるんです。

見本通りにやるのか、応用を利かせてやるのか、

この映画はそういう事を

一人ひとりに考えてほしくて作られたような気がするのです。

ラストの方は、本当に個人個人が考えなくてはならない事なのだと

思います。

インディアンの教え

インディアンというのは、7代先の子孫のことを考えて

生活しているそうなんです。

そのことを知った時、私は正直全然想像出来なかったんです。

私の貧相な想像力では、

頑張って考えて3代目位まで。

この映画を見ると

もう、7代先ではなくって、

自分たちの将来のことを考えなくてはいけないくらい

危機が迫っているんだなと思ってしまいました。

できることだけやってても、ちょっと無理だと思うので、

できることのちょっと上くらいを目指さないと本当にまずそうです。

いや、上の上くらいかも。

もう、本当にどうしましょうか?ってくらい。

私は、とりあえずパーマカルチャー菜園を目指しますが、

それだけでもまだ足りない気がするんだなー。

この映画は、解決策のモデルを見せてくれているので、

そこにね、近づけるように自分はどんな事ができるのか

考えてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました