積層マルチってなんですか?雑草も利用する土作り。

おはようございます。

お休みの日はやっぱり嬉しい、たごっとです。

職場よりも家にいるときの方が

仕事をしているように感じるのですが、

人との関わりが苦手なので、

やることがいっぱいあっても

忙しくってもお休みの日は、

やっぱり嬉しいものです。

パーマカルチャー菜園を目指す

パーマカルチャー菜園なるものを目指すと目標を

立てたのはいいものの、

時間がなかったり、お天気が悪かったり、体力がなかったりと

思うようには進みませんが、

本を見て色々考えているだけでも、

結構楽しい時間が送れます。



菜園を作るに当たって、

我家の庭は今までほぼ雑草しか生えていない土地で、

耕してみると粘土質なので、

まずは、質の良い土変えていくことが必要。

大きな菜園を目指すのならば、

パイオニアプランツやグランドカバープランツなどを

植えたり育てたりするほうがいいかと思うのですが、

小規模な菜園をめざしているので、

積層マルチなる方法を取ることにしました。

積層マルチとは?

分解されて作物の栄養になる有機物を複数の層に重ねていく方法。

下から順に

雑草が生えたままの土の上に、

1層目・刈った草、野菜くず、生ゴミ(残飯はだめ)、鶏糞を重ねる

2層目・新聞紙、ダンボール、木綿、羊毛、絹を重ねる。

風で飛ばされないように、水で湿らせる。

3層目・刈った草、鶏糞、マメ科の葉、野菜くず

4層目・藁、干し草、籾殻、



この4層は1日で積み上げてもいい

湿気を保つために15cmほどの高さが必要

マルチを施したところは雑草が抑制される。

大きな種(いんげんやえんどう)や苗ならすぐ

小さな種の野菜や根菜は翌年から育てられる。

積層マルチの効果

積層マルチを続けることで、土中の生態系が豊かになる。

よって、連作障害が起こりにくくなる。

多様な作物をランダムに植え足せる。

土中の生物感の食物連鎖ができ、害虫を抑制することができる。

層の中で多くのミミズや微生物の働きにより、

有機物が分解され栄養豊富な土に変化する。

積層マルチのポイント

適度に湿った状態を保ち、微生物の活動を活発化させること。

通気性を良くするため、層は固めず、木材チップなども混ぜて通気を良くする。

ナメクジやカビは通気性の悪い証拠なので、発生させないように気をつける。

早速積層マルチ

お手軽にできそうだったので、

早速、我が家のキーホール菜園予定地に

積層作ってみました。

庭に引っこ抜いた雑草がたくさんあったので、

1時間半くらいでできました。

でも、乾燥した草が多いので、

作物はまだ植えられそうにもなく、

とりあえず、しばらくは野菜くずやうさぎのうんちなどを

混ぜてみて石などでキーホールを囲んだら種などは植えようかと考えています。



何だって?

以上が積層マルチなのですが、

この間まで、鋤で土を耕すたびに

バイ〜ンってなって、ぐったりしてた

私の労力ってなんだったの?

翌日の全身の筋肉痛は?

まさか、無駄な努力だったの?

って思っちゃうくらい、簡単というかお手軽というか。

粘土質の土を耕すのは本当に力がいるので、

結構時間かかるなと思っていたのですが、

この積層マルチだと、

力はいらない、雑草も使える、ダンボール新聞紙も活用できる、野菜くずも活用できる。

すごい。

ダンボールって、なんだかんだで家にあるし捨てに行くのも面倒。

それは、雑草にも言えること。



我が家は、ほとんどの野菜くずはうさぎが食べてくれるので、

家からでる燃えるゴミは2.3週間に1回位。

ただ、雑草が結構あるのでそれを出すのが重労働だった。

でも、この積層マルチなら

紙ゴミも、雑草も、衣類も利用できるので、

もうゴミ出ししなくて良くない?

あっ、プラごみがあった。

プラごみって、一番出ますよね。

積層マルチだけ見てみても、

プラスチックって環境に悪いもの、必要のないものなんだなと思ってしまいました。

積層マルチで、我が家はほとんどゴミ出ししなくて良さそうだし、

体力のいらない菜園づくりができそうです。

後は、やる気の問題。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました