小野寺史宜さんの新刊’いえ’までのまとめ

読書記録

おはようございます。

たごっとです。

先日、ブログを始めて1年が経過したのですが、

最近、ブログって面白いなって思っています。

1日1記事を毎朝更新しているのですが、

本や映画の感想の記事というのは、

当日、殆ど読まれません。

ブログを1年継続した現在、

テーマに関係なく

おそらくですが、

毎日読んでくださっている方が

十数人いらっしゃるのですが、

その十数人の、

たごっとにとっては、

愛おしい存在の読者さん

以外には、

読まれないんです。

本や映画の感想記事って。

が、しか~し、

ここ数ヶ月、

たごっとのブログで読まれている

記事のベスト3は

過去に書いた

本の記事です。

で、ここ1ヶ月くらい

小野寺史宜さんの記事が凄い読まれています。

書いた時は、本当に数人だったのに。

おそらく、小野寺さんの作品に見覚えのある

名前や場所が出てきて検索されている方が

多いのだと思います。

なので、今日は

最新刊「いえ」までの作品の登場人物や場所など、

以前の記事に加筆修正して

まとめなおしました。

’いえ’の感想

今回の作品は、

302ページあったのですが、

新しい内容は100ページくらい?

と思うくらいに過去の作品で

見覚えのある名前や場所がたくさん出てきました。

最初の2行の書き出しも、

小野寺さんが多用している、

〇〇が☓☓と言い、

△△が□□と言う。

という文章で始まります。

たごっとはこの文章、

サラダ記念日みたいと思っています。

そういった所も、小野寺さんの作品の

魅力の1つになっているので、

ファンとしてはニヤつきが止まらず。

今回の作品は、

全作品を読んでいる、

たごっとは、

小説の内容も楽しみつつ、

え?同窓会?みたいな感じで

読み進んで行ったのですが、

最後の50ページ位は、

小野寺さんの最高の中庸的感覚と言いましょうか?

心にグッと来る文章で

物語をぐいぐい締めてきました。

最後の最後で

まいった

と言った感じです。

コチラの本です。

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/02 16:26:42時点 楽天市場調べ-詳細)

小野寺史宜

小野寺史宜さんの名前の読み方はおのでら ふみのりです。

千葉県出身の1968年生まれ。

法政大学文学部英文学科を卒業されているようです。


小野寺さんの作品によく出てくる人物

ジャズミュージシャンの蓮見計作(54歳)

   作風はブルースとロックの間くらい

   曲のタイトル『羊飼いのミルク』『翻るヒキガエル』『夜の次に来るもの』『都市砂漠にて』

   息子 白鳥永生(27歳)西高の日本史の先生、ロック部顧問  (東高 ロック部顧問 寺橋水面

園田 深 (27歳)

バンド『深』ヴォーカル兼ギター  

ひしゃげた声が魅力。人を惹きつける。

元ヒポクラテスコングロマリッド→シングル2枚・アルバム出して解散。

みつば支店で郵便配達のアルバイト

鷲見翔平 

俳優  映画『キノカ』『渚のサンドバック』

架空の作家

小柳大 38歳 人気作家『グット バットマン』『ドッグ キャットマン』 伊坂幸太郎がモデル?

三浦邦篤 58歳 大御所作家 『澱』『吹きすさぶ』

一村可愛   女流作家  『愛のない日の次の日に』

白土浪漫    作家『殿様のボランチ』

緑トキムネ 45歳  本名 池部景士   作家 ミステリー小説『バレルハウス・ブギ』

帆村琴恵   『カリソメのものたち』小説デビュー作   元々童話作家『ジョニィのルナパーク』童話賞

架空のミュージシャン

『KAZ・MARZ』 ロックバンド

ボーカル兼ギター 数馬  牛丼屋でバイト経験あり

曲「ビーフボールラブ」「エロマダムロック」

『井村勝とロンサム・ハーツ』42年続いたディキシーランド・ジャズのバンド 解散

伊達(p)堀口(Ba) 手島(Dr) 中本弓夫(アルトサックス)前山覚士(bj)下田保幸(cl)

井村勝   孫 井村夏樹(男)スカイマップアソシエイツのヴォーカル

前クラリネット小川宏  

『エバーグリーンバンブース』 

里見伸竹(Vo)

佐久間音矢(Gu) 元KAZ・MARZ  父 下田保幸

曲「エバーグリーンバンブース」

『スカイマップアソシエイツ』 

井村夏樹(Vo)  松江昇(Ba)  吉野叙安(Dr)  吉野維安(Gu)

曲「エロティカルポリティカル」「キョウキのポストマン(仮)」

『下田保幸とオーファンズ』

竹岡文目(p) 下田保幸(cl) 須藤英春(tb)佐久間音也(bj)松江昇吾(b)吉野叙安(ds)

『ヒポクラテスコングロマリッド』 通称ヒポコン

シングル「果実と情熱」

『カム・アライヴ』 略してカムアラ  

ダンスとボーカルの男性グループ

光岡隆馬

架空の小説家・横尾成吾

・蜜葉市在住   ・14作品目執筆中

・花粉症   ・ガリガリ    ・腹筋はシックスパック

父・兵吾(亡くなった)   母・悦    兄・壮

『脇家族』(水冷社)

デビュー作・新人賞

連作短編

  父・伏見逸樹 母・さえ子 息子・幾人 娘・清菜の4人家族

  それぞれの居場所で脇役に甘んじている家族の話。  

  話の最後で4人一つの家族として日の当たる場所に出そうになるのだが、

  自分たちの道徳観を優先させ結局は出ない。

『ティムと野菜と僕たちと』(水冷社)

  出版社専属ライター今津優司の話

『眠るための場所』(紙の本社)

  新興住宅地を舞台にした話、いたるところで歪みが起き、それが事件事故につながる。

『昔あるところに』(紙の本社)

『ポルノチックテイル』(研風館)

  AV男優が一人で娘を育てる。

『藁もない』(研風館)

『キノカ』(水冷社)   映画化

  地上に落ちてきた天使の話。

天使キノカを助ける遊覧飛行のパイロット。

  追いかけてきた天使や天使の存在を嗅ぎつけてきた

テレビ局から逃げ回るキノカとパイロットは恋に落ちる。

『女に始まる』(こねこ社)

  主人公ヒモ男

『トレイン ソング ソング』(水冷社)

『川は流れるよ』(紙の本社)

『きみはいつもグレー』(研風館)

  彼女を信用しきれない、彼氏の話。

『百十五ヶ月』(こねこ社)

  主人公 薮下初彦(缶詰工場勤務)が40代で吉岡ちはると結婚、

ちあき(連れ子)の父親になる。 

  ちはるが亡くなり、血の繋がらない2人だけになった。

  その後 ちあきが結婚し、離婚。初彦と暮らす。

  妻が亡くなるまでの時間、

家族3人で暮らしていた期間が百十五ヶ月。

   

『3年家族』(水冷社)仮タイトル『3年兄妹』

  父と母の連れ子同士として兄妹になったが、

その父と母が離婚したため、結局兄弟ではなくなった。

  同い年の男女の話。3年だけ兄妹だった男女の話。

  再婚後10年経たない内に、妻は亡くなり連れ子の娘と二人きりに。

血の繋がりのない親子のその後の生活。

  兄 渕上瞬は私鉄社員、現在駅員。妹はその私鉄沿線に住んでる。

新作 『降らない雨もない』

ボツ作品『トーキングブルース』 

主人公は園田深と予想しています,もしくは古舘伊知郎?

  ミュージシャン志望の男。プロにはなったが、そこでひたすら停滞する男の話。

  近江昇哉(27歳)

短編   

『穴』

街に空いた穴に迷い込んだ男の話。

『ボタン』

役所で、自殺のボタンを押す男。

『ピロウ』

会話のみ。タスクとカナデ(カップル)

架空の劇団

劇団『東京フルボッコ』  

劇団フルボッコの作品タイトルには必ず、東京がつく

「東京サムゲタン」(シェアハウスに住む5人の物語)

東京フルボッコに所属していた(している俳優)

井原絹 【今夜】【片見里荒川コネクション】

坪内幾乃【ライフ】

糸井才奈【片見里荒川コネクション】、

水上一葉【片見里荒川コネクション】

白幡澄樹【片見里荒川コネクション】

森岡亮英【いえ】

架空の俳優・タレント

平本春行    俳優 【みつばの郵便屋さん】 

百波      タレント  本名 林 福江   

         平本春行と付き合ってる  (乙葉がモデル?)【みつばの郵便屋さん】

水巻玉代    番組レポーター【転がる空に雨は降らない】

井原絹    女優   【今夜】【片見里荒川コネクション】

野宮厚也     俳優  【今夜】

神楽有里子   女優【家族のシナリオ】

門脇幹郎    タレント (森脇健児がモデル?) 

【家族のシナリオ】【今夜も街の隅で 10キロ空走る】

溝部純孝    俳優【ミニシアターの六人】

早川れみ    女優【家族のシナリオ】【ミニシアターの六人】

土門道恵    女優、末永静男の妻

架空の映画

『夜半』(1977年)      

監督 末永静男        

出演 

・古瀬研作・新村花見

『夜の街の隙間』(1995年)  

監督・脚本 末永静男     

出演 

・須田 登・並木優子・早川れみ

                           

・戸倉有彦・森井希羽・滝口大造

・石崎育代・平塚丈臣

                 

銀座の街を舞台にした一夜の話

『東京23夜』(1998年)  

監督 末永静男  

4人の男女関係性の変化を描いた話。

『キノカ』     

小説原作(横尾成吾)

     

地上に落ちてきた天使の話。

天使キノカを助ける遊覧飛行のパイロットが鷲見翔平。

     

追いかけてきた天使や天使の存在を嗅ぎつけた

テレビ局から逃げ回るキノカと鷲見翔平二人は恋に落ちる。

『渚のサンドバック』 

漫画が原作  略してナギサン

     

飲み屋でやった賭けに負けてボクシング部に入る大学生(鷲見翔平)の話。

     

ボクシング部監督役(前島源治) 娘役(東田沙鳥)

『ゴーン ウィズ ザ デッド』 3D  【ナオタの星】

『フューチャーオブザデッド』       【ナオタの星】

『スパイ教師峰也』 漫画が原作

『山本ジョン一郎の冒険』小説原作   【食っちゃ寝て書いて】

『豚と恋の村』

架空の場所・店

みつばと四葉は蜜葉市にある

西船橋『縁』【ナオタの星】

銀座2丁目の『鶏蘭』   オーナー 山城  

      【ナオタの星】【食っちゃ寝て書いて】

銀座1丁目『銀』喫茶店 店主 大場  マンデリンが美味しい グァテマラ

      野本了治(バイトしていた)

      【その愛の程度】【それ自体が奇跡】【夜の側に立つ】

銀座1丁目『穴蔵』地下バー

      【ナオタの星】【それ自体が奇跡】【夜の側に立つ】

銀座3丁目『ルフラン』カフェ【その愛の程度】

東京駅八重洲『アムール』カフェ【その愛の程度】

四葉駅周辺  バー『ソーアン(so and)』(昼間はカフェ) 

       店主 吉野草安(50代)

娘 叙安  息子 維安

       店員 冬香

       【みつばの郵便屋さん】【本日も教官なり】【今日も街の隅で(冬の女子部長・君を待つ)】

JR淵野辺駅近く  スナック『船』  ママ船木雅代

カフェ『ジャンブル』ジャズクラブ  【ひりつく夜の音】【ミニシアターの六人】

            マスター草木精二

『ナッティ』ジャズクラブ    

            下田保幸(大学時代バイト)【ひりつく夜の音】

平井 喫茶『羽鳥』【ライフ】【まち】【いえ】

鶴巻洋菓子店 店舗→亀戸、門前仲町、人形町

【その愛の程度】【とにもかくにもごはん】【いえ】

JR片見里駅前 居酒屋『片見里』【片見里荒川コネクション】

みつば南団地(全4棟 5階建て)

    D棟  404号室   宮島絹子 宮島大地 【ホケツ】

  ?  号室   新沢真乃【ホケツ】

       501号室 田口夫妻【それ自体が奇跡】 

ベイサイドコート  蜜葉市みつば

            7階   豊水守彦、成恵、菜月【その愛の程度】

         ? 号室  安井想哉 (演劇部)【家族のシナリオ】

         ? 号室  梅本美衣(バスケ部)【家族のシナリオ】

足立区  スタイルズ新田(アパート)【片見里荒川コネクション】 

カーサみつば  

102号室 横尾成吾  

        201号室 三好たまき          【みつばの郵便屋さん】

        202号室 岩崎幸司 (後に引っ越す)   【みつばの郵便屋さん】

         (大家 今井さん・70代 四葉市在住) 【みつばの郵便屋さん】

メゾンしおさい  ? 号室  片桐 泉

メゾン御園 ? 号室 貝原恒之

筧ハイツ  大家さん 筧満郎・鈴恵(70代夫婦)

A棟

101号室  坪内幾乃【ライフ】

102号室  井川幹太【ライフ】【まち】【いえ】

103号室 中条【ライフ】

201号室  芳賀英作【ライフ】

202号室 彦坂治哉【ライフ】→戸田愛斗【ライフ】【まち】

B棟 

201号室 江藤瞬一【まち】【いえ】

202号室 君島淳美 彩美親子【まち】【いえ】

101号室 笠木得三【まち】

102号室 室屋忠仁  【縁】【まち】

レント南砂      ? 号室 柏木聖輔【ひと】

イルマーレ葛西    ? 号室 広瀬結衣、瑠衣 【その愛の程度】     

ハイツ福住      ? 号室 宮本良作【とにもかくにもごはん】

西高

出身者・教員

  野本了治・辰巳壮介・小出君香・榊 信明・萩原昌子 【夜の側に立つ】

    野本了治(英語科教員だった)【夜の側に立つ】

    白鳥永生(日本史)【ROCKER】

東高  

榊 輝明【夜の側に立つ】

    広尾未知彦【ROCER】

    寺橋水面(現代文・古文)【ROCEKR】

    柴田佐和の父・校長【ROCER】

     

県立みつば高校 生徒・教員  蜜葉市みつば

    宮島大地(サッカー部)【ホケツ】【家族のシナリオ】

    安井想哉 (演劇部)【家族のシナリオ】

    野球部エース酒井礼市【ホケツ】【家族のシナリオ】

    野本了治(5年勤務→西高)【夜の側に立つ】

    城純吾 通称JJ 33歳  (英語科教師・演劇部顧問)

    畑 律子  (文芸部顧問)

                    

平井のコンビニ【ライフ】【まち】【いえ】

店長 貝原恒之

店員 大下七子(44)【ライフ】【まち】【いえ】

過去の店員 熊倉さん(50代)

郡 章恵(唯樹の母)【ライフ】

江藤瞬一【まち】【ひと】【いえ】

三上若緒【いえ】

みつば駅前ショッピングセンターハンバーガー屋【ホケツ】

砂町銀座  おかずの田之倉【ひと】【まち】【いえ】

JR片見里駅前 居酒屋『片見里』【片見里荒川コネクション】

リバーヘッドSC 所属歴有り

郡唯樹【ライフ】【まち】【いえ】

城山大河【いえ】

  コーチ

 室屋忠仁  【縁】【まち】

城山大河【いえ】

国崎瑞哉【いえ】

上記以外で2作以上に名前が登場した人物

樋口樹里亜 (5歳)     

【それは甘くないかな森くん】【近いはずの人】

谷田一時  東京在住 碇探偵社

【片見里なまぐさグッジョブ】【片見里荒川コネクション】

村岡徳弥  片見里在住  2代目ご住職  

【片見里なまぐさグッジョブ】【片見里荒川コネクション】

倉内多美→村岡多美 

【片見里なまぐさグッジョブ】【片見里荒川コネクション】

戸崎牧夫会長

【食っちゃ寝て書いて】【今夜】

砂田佳乃也  日本代表サッカー選手レフティ

【転がる空に雨はふらない】【ホケツ】

兵藤社長  

【片見里荒川コネクション】【ミニシアターの六人】

中林さん  

【片見里荒川コネクション】【ミニシアターの六人】

実在のミュージシャン

小野寺さんの作品には実在のミュージシャンの

名前もよく出てきます。

音楽やミュージシャンの話が多く

出てくるのは出てくるのは、

『本日も教官なり』『家族のシナリオ』『ひりつく夜の音』

夫も小野寺さんの作品を読むのですが、

『ひりつく夜の音』を読んだあとは、

3日間位、デュークスばっかり家で流れていました。

小野寺さんの作品に出てくる

ミュージシャンの名前はこちら。

(クイーンの曲もマーキュリーの名前も出てきたのですが、

好きではないようなので除外しました。

と言いながら、結局出してる。)

ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ベン・E・キング、

ボブ・ディラン、マジョッサム、

ザ・バンド、デュークスオブディキシーランド、

オリビア・ニュートンジョン、シンリジィ

セロソニアスモンク、ジェニーグリフィン、 AC/DC、

トム・ウェイツ、オジーオズボーンズ、

ドビュッシー、ロバート・ジョンソン、

ジェイソン&ザスコチャーズ、ザ・ポーグス、

レナードスキナード、ブルーススプリングスティーン(品のある野良犬)、

ピンク・フロイド、

ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、エドパウエル、

マイルスデイヴィス、ビル・エヴァンス、

ルイ・アームストロング、フィニアスボーンジュニア、ポールチェンバース、ロイ・ヘインズ

チャーリー・パーカー

実在の映画

映画の話題も作品の中によく出てきます。

映画の名前がいっぱい出てくる作品は、

【それ自体が奇跡】【家族のシナリオ】【ミニシアターの六人】

【ナオタの星】では、

架空の映画が多いのですが、ゾンビ映画に対するこだわり書かれています。

出てくる作品はこちら

ゾンビ映画、ヒッチコック作品、チャップリン作品、フェリーニ作品

『フレンチ・コネクション』、『スティング』,『リオ・ブラボー』

『大脱走』『砂の女』『錆びたナイフ』『生きる』

『マイ・ビューティフル・ランドレッド』『オーバー・ザ・トップ』

『ブルーベルベット』『ラジオ・デイズ』『ベルリン・天使の詩』『グラン・ブルー』

『ニュー・シネマ・パラダイス』『髪結いの亭主』『バートン・フィンク』『ナイト・オン・ザ・プラネット』

『ショート・カッツ』

その他

天使と悪魔のシネマ。

この短編集、たごっと結構笑いのツボにハマる文章が

多くて好きなのですが、

LOOKERという短編作品は、

小野寺さんのデビュー作

ROCKERの主人公

美実ちゃんの小学生の時の親友のお話です。

小野寺さんの作品は、

沢山の共通の場所や人物が出てくるのですが、

順番は気にしないで読んでも、

全く問題ないと思うのですが、

このLOOKER だけは

ROCKER を読んだあとに読むのが

いいのではないかと思っています。

では、最後におまけの誤植。(誤植って見つけると嬉しいですよね?)

誤植  ライフ89ページ5行目、朱奈さん→藍奈さん

小野寺史宜作品あるある言いたい

ウィンウォーン

まいった

砂糖とミルクはない

交通事故は誰も得しない

サラダ記念日みたいに始まりがち

シングルマザー出てきがち

シングルマザーに恋しがち

シングルマザーの料理はパスタでてきがち

なんだかんだ、主人公モテがち

鶏料理専門出てきがち

沖縄料理出てきがち

食品会社に勤めがち

ハートマート出てきがち

かりゆしウエア好きがち

ビールと第三のビール区別しがち

主人公散歩しがち

奇跡を乱用しがち

ゾンビ出てきがち

注・ウィンウォーン  小野寺作品では、インターホンの音は必ず一度ウィンオーン

ホケツ!で、みつば団地ではリロリロリロリロとなるインターホン。(変との指摘あり。)

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました