キネマの神様(ネタバレ)とキネマトグラフィカとニューシネマパラダイス

その他

古内一絵さんのキネマトグラフィカ読了しました。

こちらの本です。

キネマトグラフィカとキネマの神様、

作者は違いますが、キネマ繋がりということで両方の感想を書こうと思います。

キネマトグラフィカ

まずはあらすじ。

老舗映画会社に新卒入社した“平成元年組”六人の男女が、とある地方の映画館で再会する。今はそれぞれの道を歩む同期の彼らが、思い出の映画を鑑賞しながら二十五年前に起きた“フィルムリレー”に思いを馳せる。フィルムはデジタルに、劇場はシネコンに……四半世紀の間に移り変わる映画の形態。そして映画と共に生きた彼らの人生もまた。何のために誰のために駆け抜けてきたのだろう。

amazon

2018年、平成元年組が同期会。

    桂田オデオンで再開するシーンから始まります。

1992年 発端 登録担当 小林留美から順に

    水島英太郎→仙道和也→葉山学→北野咲子→小笠原麗羅の順で、

それぞれの1992年から働きはじめ、何かに向かって頑張っていた時代が書かれています。

この小説の中には、ポケベルや尾崎豊の死などが出てきて、

40歳を超えた私が読むと本当に懐かしい気持ちになります。

東京ばな奈って(本の中では東京ばなこ)この頃からだったのか。とか、

1990年代の風景を思い出します。

今まで読んだ、古市さんの作品にはジーンとした気持ちになるのが多かったのですが、

この作品は最後の章までそういったシーンが無かったので、

古市一絵さんの作品っぽくなく感じました。

でも、最後の章で少し。

ほんの少しだけ。

いつもの古内さんの作品だなと感じることができました。

キネマの神様

キネマの神様は、原田マハさんの作品。

こちらです。

この本は、最後のところでじんわりと泣きました。

感動しました。

この作品を読むと、映画が見たくなります。

いろいろな映画が見たくなる作品。

この’キネマの神様’、映画化されたものがこの夏公開されるんですよね。

絶対に感動するじゃん。

気になって映画のポスター見てみたら、

沢田研二(ゴウ)、小林稔侍(テラシン)、寺島しのぶ(ゴウの娘)、宮本信子(ゴウの妻)

うんうん、この人達がやるんだね。

小説の中のテラシンはカーネルサンダース似。

ポスターの小林稔侍さんを見ると、完全にカーネルサンダース寄せてる!!

で、菅田将暉、野田洋次郎、永野芽郁、北川景子、

この4人の配役が気になって調べてみたら、

菅田将暉→若い頃のゴウ 

なるほど

永野芽郁→若い頃のゴウの妻

なるほど

野田洋次郎→テラシンの若い頃

なるほど

北川景子→桂園子

誰?

桂園子。

小説には出てこなかったはず。

出てきてても、記憶にまったくない。くらいの登場人物。

わかりました。

これは小説と映画は別物と考えて良さそう。

小説の中にゴウの若い頃のエピソードそんなに無いです。

なのに、ポスターを見た感じや予告編を見ると

映画では若い頃のシーンが多い感じがします。

そんな事は無いとは思うのですが、

志村けんさんが亡くなったからなのかな?

配役が変わったので、脚本変えたのかな?と少し思いました。

無いとは思いますが。

でも、そう思ってしまうほどに小説のゴウちゃんの配役に志村けんさんはぴったりです。

志村けんさんがやったら、小説の世界を完全再現できそうなくらい。

沢田研二さんはゴウちゃんとは違うんですよ。

答えは明解。

ハゲてないから!!

というのも小説の中でゴウちゃんのハゲは結構大事なんですよ。

なので小説と映画は別物と思っておいたほうが無難そう。

映画は見ていないのでなんとも言えませんが、

いや、予言しましょう。

完全に別物。

映画の方は公開前なのでわからないですが、

小説の”キネマの神様”は感動します。

ニュー・シネマ・パラダイス

キネマトグラフィカとキネマの神様には、ニュー・シネマ・パラダイスが出てきます。

キネマの神様に出てくる、ローズ・バッドが一番好きな作品もニュー・シネマ・パラダイス(ネタバレ)ですよね。

シチリアの海とレモンからはじまります。

キネマトグラフィカに、銀座のミニシアターで40週という記録的ロングランとありました。

キネマトグラフィカで、登場人物が’イタリア人の子役がただのこまっしゃくれにしかみえなかった’

とあります。

私の夫も同じことを言っていました’作品は良いんだけど、子役の顔が愛しにくい’と。

実は私この作品見たこと無いんです。

ないんかい

字面と年代もあるのかな?

ライフ・イズ・ビューティフルと印象がかぶるんですよ。

ライフ・イズ・ビューティフル見ました、感動しました、泣きました。

でもね、私がギリギリなところの戦争映画だったんですよね。

見るのが苦しかったんです。

だから、ニュー・シネマ・パラダイスにそういうイメージが勝手についてしまって、

見てないんです。

見てないんかい

偉そうに書いて、ごめんなさい。

キネマトグラフィカ、キネマの神様、ニュー・シネマ・パラダイス

どの作品も映画愛があります。

そしてすごく映画が見たくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました