実話をもとにした胸クソ小説を読んで。

読書記録

おはようございます。

たごっとです。

先日、読んだ本が本当に胸糞。

こちらの本なんですけど。

彼女は頭が悪いから (文春文庫)

姫野カオルコさんの作品だったんで

情報をなんにも入れずに

読んだんですけど、

実際にあった事件を元に

書かれているんです。

2016年に起きた東大生5人による強制わいせつ事件を

テーマにした「非さわやか100%青春小説」。

 

そして何よりも救いがないのが、

相手が東大生だったことで

「勘違い女」などと、

ネットでの激しい二次被害に

美咲が遭うことだ。

ダ・ヴィンチ

 

読んでてずっと不快なんです。

なんとも言えない不快感。



そもそも

この事件って、東大生ってところが

キーポイントのになっているんだと

思うんですけど、

東大生がそんな事を?

から始まっているんだと思うし、

おそらく、東大生だから

ニュースになり報道されていると

思うんですけど、

そこがもう、なんとも言えない。

ブランドに弱い感じが。



あっこの女の子のことじゃないですよ。

この女の子は、

東大生だからではなく

ずっと、青年のことが好きだったんで。

学歴と人間性

前に言われていたような

気がするんですけど、

先生と医者は適性検査が

あったほうがいいって。

たごっとは本当にそうだったら

いいと思うんです。

学歴と人間性って本当に

関係ないですから。



たごっとは、

診療所で働いているんですけど、

やっぱり、ドクターを

崇拝している感じの人って

多いなって思ったりします。

でもね、知識があるだけで、

人間性はそうでもないよ。

色んなドクター見てるけど

むしろ、勉強ばっかりして

人生経験が少ないから

人の気持ちわからない人多いし。

まあ、ちょっとドライな部分がないと

やっていけない仕事でも

ある気がしますし。

なので、学歴とか職業とか

そういうので、

人を判断すること自体が

おかしいっていうか。

逆もそうですよね。



二次被害

また、二次被害もおかしくって、

被害者が何で

叩かれなくちゃいけないのかって

感じです。

犯罪は犯罪じゃないですか。

ねぇ。

もちろん、

日々警戒したりすることは大切で

無防備ではいけないとは

思いますけど、

でも、被害者を攻めるって

どう言う神経?

斜め上からの意見言ってやったぜー

って感じ?

粗を見つけたぜって

感じ?

わし冷静に物事判断してます

って感じ?

人と違う目線で語ります

って感じ?

へぇぇぇぇ。

だから何だっつーの。



犯人が悪いに決まってんじゃん。

シンプルにやっちゃいけないこと

やってんだからさ。

違うのかな?

たごっとはそう思っています。

見下す

で、この事件はタイトル通り

人を見下している点も問題。

彼女をあらゆる意味でバカにしています。

で、これもこの事件の犯人が東大生だから

ってことになっちゃいそうだけど、

人が人を見下している行為って

どこにでもあることで。

やっぱり、学とか年齢とか性別とか

色々カテゴリー分けして見ていると

人を見る目とか曇って

いっちゃうような気がします。



人を人として対等に見ていないと、

その人自身の魅力も駄目なところも

見落とすような気がします。

簡単なことのような

難しいことのような。

でも、やっぱブランドっていうのは

取っ払って人を見たほうがいいと

たごっとは思っています。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

楽しい一日をお過ごし下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました