魚神(いおがみ) 千早茜

読書記録

おはようございます。

たごっとです。

今日読了した本は、家で読んでいても

家事をそっちのけにするくらい入り込んで読んでしまいました。

幻想的な空気感なのに、エロティックなシーンは生々しい。

小説というより物語と言いたくなる本。

あらすじ

かつて一大遊郭が栄えた、閉ざされた島。

独自の文化が息づく島で、美貌の姉弟・白亜とスケキヨは

互いのみを拠りどころに生きてきた。

しかし、年頃になったふたりは離れ離れに売られてしまう。

月日が流れ、島随一の遊女となった白亜は、

スケキヨの気配を感じながらも再会を果たせずにいた。

強く惹きあうがゆえに拒絶を恐れて近づけない姉弟。

互いを求めるふたりの運命が島の雷魚伝説と交錯し…。

amazon

引用したあらすじに姉弟とありますが、本の中で



スケキヨが真実の弟かどうか知るすべはなかった、

婆曰く私達を拾った時私達はぴったりと寄り添っており、

私が自分の名とスケキヨの名を名乗ったそうだ。

魚神

とあります。

確かに私も、読み始めは双子の話なのかな?

と思っていました。

でも、もしも姉弟だったら、

嫌!!

気持ち悪い!!

物語を読みすすめるうちに私の中では姉弟、

双子どちらにも属さなくなったので、

その体で勧めていきますね。

姉弟ではないですよ。(私の中では)

物語の中ではスケキヨは姉と思っているのだなと

思うシーンもあったりしますが、

姉弟ではないと私は思うことにします。

登場人物

白亜  美しい女の子後に更津屋の遊女。

スケキヨ 美しい男の子後に薬作りが認められ白亜より先に売られる。

婆 定食屋をしながら白亜とスケキヨを拾い育てている。(将来売るため)

蓼原(たではら) 舟漕ぎ人

剃刀男 (蓮沼)

胆振野(いぶりの)   更津屋楼主

新笠(にいがさ) 誰からも好かれる若い遊女

佐井弘嗣  学者の息子。白亜の客。

ハナ  新笠の娘



島の伝説

昔、この島には島が沈んでしまいそうなくらい

大きくて豪華な一大遊郭があった。

人々は幻想的なその島を陽炎島と呼んだ。

その遊郭に白亜という凄艶な遊女がいた。

その美しさに、人間はおろか雷魚までもが心を奪われた。

人間の10倍はある大きな頭をもつ雷魚は

長い間水の底から出てくることはなかった。

しかしある日、白亜を呼び出す。



そして雷魚は、水の神があと半月もしないうちに

この島を沈め島のすべての人間を葬ることを命じられ、

それに従わなければいけないと言う。

雷魚は白亜を殺したくないため、白亜に提案する

’私に喰われてほしいのだ。

私が奪った命は好きに形を変えることが許されている。

もしお前にすいたおとこがいないのならばお前を喰らって。

どんな朝日よりも美しい鰭を持つ大きな魚に変えてやろうと思う。

そうしてどこへなりとも連れて行ってやろうと思う。

どうか?’白亜は雷魚の目を覗き込んだ。

その目は知的な光を放っていて、悲しみに満ちていた。

白亜は水の世界に逃げ込むわけにいかないと断る。

そして、その次の日から島には雨が降り続く。

白亜を生贄として雷魚に捧げれば救われるのではないかと思った人々が

白亜に沢山のおもりをつけ水に沈めた。

すると、水の中に閃光のように激しい怒りが走り抜けた。

雷魚はものすごい速さで白亜を岸辺へ運んだ。



そして、目がくらむほどの光の矢が注ぎ、

轟音が黒く渦巻く空を割り、遊郭は雷によって炎に包まれ終りを迎えた。

やがて朝が訪れ雷魚が白亜のもとに訪れる。

白亜は感謝の証として、殺してくださいという。

雷魚は白亜を本土に連れて行く。

’私には愛しいあなたを殺すことは出来ません。

たとえどんな罰が下ろうとも’そして雷魚は水の中に消えていった。

水の神は白亜と雷魚の絆に心打たれて罰を下すことはなく、

島も沈むことなく残った。

白亜はありとあらゆる場所を訪れ最後に彼女は

雨極と呼ばれる場所にたどり着き、そこに住み着いたと言われる。



雨極  雲の棲家と呼ばれる世界一雨の多い場所。

年中様々な虹がかかり緑が生い茂り、暖かく、売れた果物が甘い匂いを漂わせ、

万病に効くと言われる神水が降り注ぐところ、誰もがたどり着ける場所ではない。

  魚神より

島伝説は、スケキヨが白亜に話してあげます。

そして雷魚がまだ水の中でいきていることも。



剃刀男(蓮沼)

少女漫画に出てくる不良少年。

なんだかカッコよく感じました。

感じましたよね?

女の子は一度はそう思うと思うんだけど、

剃刀男はこの物語の中でその不良少年と言ったところ。

実際にいたら好きにはならないんだけど、

物語だと好きになっちゃう存在。

スケキヨと再会する直前、白亜は剃刀男と一緒にいるのですが

その時の二人の雰囲気が、とても哀しく、とても素敵でした。

剃刀男派になっちゃう女性少なくないと思います。

勝手にキャスト

この物語は、映像にするとちゃちな感じになりそうですが

私の中で映像化するならこの人。

スケキヨ  窪田正孝

白亜    長澤まさみ

剃刀男   綾野剛

どうでしょう?



イメージではなく、あくまでも映像化するなら。

長澤まさみさんは髪を長くしてもらって、

妖艶な感じを出してほしい!!

千早茜さん

千早茜さんの本を初めて読みました。

一言一句、心に入ってくる感じ。

しかも、この小説がデビュー作。

凄いなぁ。

ってバカみたいに口を開けて感想を言っちゃうくらいに

圧倒的な作品でした。

同じ本を100回読むと、全く違う物語になると聞いたことがあります。

この本は、きっと読んだ数だけ感じ方が変わる作品。

もっともっと、

千早茜さんの作品を読んでみたくなりました。

おすすめです。

created by Rinker
¥649 (2022/12/02 17:20:35時点 楽天市場調べ-詳細)



 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました