映画いちごの唄の感想。スニーキー・ピート、コール・ザ・ミッドワイフ

映画

おはようございます。

たごっとです。

そういや、クリスマスの

特別な思い出ないなー。

不思議の国のアリスの

なんでもない日おめでとう。

スタイルで生きているので。

スニーキーピートとコールザミッドワイフ

スニーキー・ピートの

シーズン3をやっと見終えて。

スニーキー・ピートについては

こちらのブログから

 

ドラマと映画とミジンコ?
夫婦円満の秘訣はモノマネ?

コールザミッドワイフのシーズン9

を見始めたんです。

たごっと、コールザミッドワイフ

1話完結で、ハートフルで、

結構好きだったんですけど、

今回のシーズンは、

全然、ハマれなくって、

前回のシーズン8から

ビミョーにはまれてなかったんですよ。

このドラマ主要人物が

変わり過ぎなんです。

好きなキャラがどんどん

いなくなっていくっていう。

でもね、シーズン7

までは面白いので。

1シーズン

クリスマスの日からクリスマスまでの

1年の話になっています。

いちごの唄

スニーキー・ピート、

コールザミッドワイフ

続けて

げんなり気分になっちゃたので、

映画見るかってことで

いちごの唄

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

という、邦画見たんですよ。

ドハマり。

全然、熱が冷めないので、

ブログに書いちゃおうと思いました。

どんな映画?

人気脚本家の岡田惠和がTV「ひよっこ」の出演者でもあった

峯田和伸のバンド”銀杏BOYZ”の楽曲をモチーフに紡いだ同名連作短編集を、

「ひよっこ」の古舘佑太郎と「きみの鳥はうたえる」の石橋静河主演で映画化した青春ラブストーリー。

監督は岡田脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」を手掛けた菅原伸太郎。

google

あれ?

この映画そんなに評価高くない!!

おっかしいな?

たごっとは、

ずっと笑って、

途中で泣いて。

毎日見てもいいわ。

ってくらい好きです。

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

岡田惠和さんの脚本なんですね。

たごっと、この方の脚本好きなんですよ。

グッとくるポイント突いてくる。

ワンシーン

ワンシーンだけだったんだけど、

みうらじゅんと田口トモロヲが出てた。

みうらじゅん、

ガロの頃から好きなんですけど、

友達にはなりたいけど、

男性としては、最低だよなーって

いっつも思ってます。

本を読んだことがある人は、

何となく分かると思うんですけど。

で、田口トモロヲね、

いま、バイプレーヤーとして

大人気なんだけど、

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

昔、パンクバンドやってて、

ステージで

炊飯器にう○ことかしてたのに、

人間変わるもんだよなーって

目でいつも見てます。

たごっとは、

その事を知ったときのショックが抜けず、

見るたびに、

う○この人。

ハムの人と同じ発音。

字余りだけど。

って思っちゃう。

古舘佑太郎

古舘くん、ひよっこの時は

苦手な顔だったんですよ。

って、今も苦手なんですけど。

でもね、この映画では、

本当、きらっきらな目が最高だった。

もう、演技っつーかキャラが最高。

峯田和伸

今更、峯田くんにドハマリしてます。

今まで、銀杏BOYZ聞いたこと

なかったんです。

夫が、学生の頃好きだったので、

家にはCDちゃんと揃ってるんですけど、

揃っているからいつでも聞ける的な?

なので全然聞いてなかったんですけど、

2,500冊の本を10分で!本の要約flier(フライヤー)

今更ドハマり。

ひよっこもみてたし、

本もあるので、

峯田くんのキャラ的なものは

知っていて、

まぁタイプ。

とは薄々思っていたんですけど、

たごっとが1番好きな。

ピュアアンド素直。

そして、プライドを捨てる

という圧倒的なプライド。

ヤバー。

好きー。

やばくはないか、

いや、人妻だからヤバいか。

どっちでもいいか。

twitterで

峯田くんのbot フォローしたんですよ。

もっと知りたくなっちゃって。

ちょっと、気になると

どんどん知りたくなるじゃないですか?

人を好きになるって

そういうことじゃないですか?

今、その状態。

そしたら、もうゴンゴン、

たごっとをキュンとさせるの。

で、めちゃめちゃ良いね押しちゃう。

なんなら、リツイートもしてる。

botなのに。

何回も来るからさ、

同じのにも

いいねしてる。

いいよ!!バカで。

てかbotって何のこと?

なにかの略?

ググれって?

たごっと、

知識は赤ちゃんスタイルで

得ていくタイプなので、

ググりません。

聞けそうな人に聞くのも好き。

甘えん坊スタイルで。

てか、botってtwitterだけ?

だから、ググれよ。わし。

つぼった。

この映画、見ている7割位

笑いながら見ていたんですけど、

すっごく好きなのは、

光石研さんの、ビートルズのとこ。

マスクしながらお菓子食べる、古舘くん。

毎年、同じTシャツで現れる、古舘くん。

書けるのは、それくらいかな?

文才無いので。

本当良かった。

てか、宮本信子って

演技うますぎない!?

素直

このブログを書きながら、

岡田さんの脚本がたごっとの

胸にグッと来るのは、

どうしてだろう?

って考えた時、

素直。

妙なプライドが無いっていうか。

世の中は、

妙にプライドの高い人が居て、

謎の上から目線を

話していると、

感じることが多いのですが、

好きなのは好き。

その、ストレートな感じが、

胸にグッと来るんですよね。

機会があったら、

ぜひ。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました