マカン・マラン ふたたび そして快晴フライングの感想 

読書記録

おはようございます。

たごっとです。

先日、読んだこマカン・マランにドはまり。

続編が後3冊あることを知り

早速手にしました。

1冊目にも負けず劣らず

続編も本当によかったので、

感想を書きます。



蒸しケーキトライフル

トライフルとは、イギリスの家庭料理。

トライフルは失敗したり古くなったスポンジを

食べるために考案されたデザート。

もともとはつまらないの意。

西村真奈は、子供の頃縁側に座って

絵本を眺めているのが好きだった。

特別な何かを話すことがなくても

満ち足りていた。

小学生になった頃、真奈は母親の一言で

真奈に友達(仲間)がいないことは

駄目なのだという思い込みが。

おとなになり派遣社員になった真奈は、

お局様とその取り巻きたちと一緒に

毎日楽しくも美味しくもない社食ランチを食べている。

そんな自分に疑問を持ちながらも、

これでいいのだと思っている。

そこへ、新しく派遣されてきた峰山晶子。

彼女が社食ランチに参加したのは1日目だけ

でそこで全て見切ってしまったように。

翌日からは「読みたい本がある」といって誘いを断った。



真奈ほどではなくても、

友だちが少ないって何だかマイナスイメージある。

私自身は、子供の頃から集団が苦手だったので

友達少ないくても良い、

というか友だち多い人って信頼できない

くらいの感じなのですが、真奈の気持ちもわかる。

今でこそ友だち少ないですけどなにか?という感じですし、

娘にも友だちは少なくてもいいんだよと教えていますが、

長い間、なんで私は友だちが少ないんだろう?

なんで少なくても平気なんだろう?と思っていました。

真奈とは少し違うけれど、

友だちの数へのこだわりという点では共通します。

何でもそうだけど数で何かを決めるって

やっぱりおかしいんですよきっと。

職場での人間関係。

SNSでの人間関係。

少しでも疑問を持つ方の心に響く作品です。



梅雨と晴れ間の竜田揚げ

藤森裕紀は職場を辞め、

漫画家を目指しながらアシスタントをしている。

実家の旅館を継いでいた兄が亡くなり、

旅館を継いでほしいと言われる。

アシスタントを辞め実家の旅館を継ぐしか

無いのかと考える。

秋の夜長のトルコライス

伊吹未央は小学1年生の息子圭くんを育てている。

圭くんの発達のことで悩んでいる。

子供のために、模範的な食事に生活。

けれど、なかなか自分の思うようにはいかず

息子や夫に声を荒げてしまう。

もう、どうやって頑張って良いのか

わからなくなるほど、頑張っている。

そこで、シャールが登場!!

冬至の七種うどん

柳田先生が登場します。

柳田先生は1作目の金のお米のパンから出てくる、

シャールの同級生のメタボおやじ。

高校生の娘の進学のことで意見がわかれて悩む。

子育てをしていると、口出ししてしまう。

子供にとってはうるさいもの、

そんな事は親だってわかっている。

けれど子供の事を考えているからこそ、

黙っていられないこともある。



感想

4つの作品すべてのどこかで、グッときちゃう。

心の琴線に触れるのです。

ジャダと柳田先生が出てくるとだいたい笑ってしまう。

シャールが出てくると

シャール降臨!!!!!!!

みたいな感じで読んでしまっている私。

涙あり笑いありのとてもバランスの良い小説。

素敵な登場人物に、素敵な場所。

本当に魅力的な作品です。



マカン・マランのような場所があったら良いのに。

シャールの言葉が心に染みるこの作品。

でも、柳田先生の心の声だって負けじと心にグッと来ます。

柳田先生の心の声

親の心子知らず、この心親しらず。

たとえ親と子であっても一人ひとりが別の人間だ。

その人生を誰かが負うことは出来ない。

寒空から次々と舞い降りてくる雪は儚い人の思いのようだ。

一瞬だけ降り積もりやがては音もなく大地に溶けていく。

こうした儚い思いを積み重ね中学生だった自分たちは年をとった。

恐怖と不幸と理不尽があふれる世の中で

誰もが一筋縄では行かない

この道を歩いていかなくてはならない。

親であることも子であることも

まごうことなき大いなる冒険だ。

柳田先生、素敵です。



シャール名言

この本に出てきた、シャールの名言書き出してみます。

  • 誰かと一緒にいたくて、でもしがらみのある友人や知人とはしゃべりたくない。そんな矛盾した人恋しい夜が誰にもあるものよ。                                 
  • 私たちはね、作ろうと思えばなんだって作れるのよ。
  • じゃあもうがんばらなくていいんじゃないかしら?
  • 生きていくって寂しいのよ。だってこの世の中は儘ならないことだらけじゃない。どんなに思い合っててもわからないことはたくさんあるし。
  • 一旦力を抜かなきゃ新しい力はわかないものよ。たまにはさぼりなさい。
  • 本物のサボタージュっていうのはね、怠け者の常套手段ではなくて、もっと過激で前向きなものなの。ある意味頑張っている人の特権なのよ。

シャールの名言集ぐっときませんか?

勝手にキャスト

シャール役に悩んでいます。

勝手に。

オダギリジョーさんが良いと思っていたのですが、

シャールの顔の作りとかを考えると

阿部寛、北村一輝、斎藤工、竹野内豊さん

あたりもいいですよね。

調べてみたら、

オダギリジョーと北村一輝と竹野内豊は

170cm台だったので外します。

阿部寛さんは  189cm

斎藤工さんは  184cm

うーーーーーん。

体のシナを作るのが上手そうなのは斎藤工さんかな?

でも、まだ40歳なってないかー。

ちょっと身長は足りないけど、

顔も演技も年齢もバッチリ役にハマりそうなのは

北村一輝さんですね。

ということで、北村一輝さんに決定。

シャールが北村一輝さんなら、

柳田先生もぐっさんだと少し若いので考え直してみました。

古田新太さんか、田口浩正さん?

二人共演技派だから柳田先生をうまく演じそう!!

うーん、北村一輝さんとは古田新太さんのほうが相性が良さそう。

皆さんは、どう思いますか?

塔子さんは深津絵里さん

ジャダは菅田将暉くん

これは変えません。

なぜなら、

ファンだから。

快晴フライング(改題・銀色のマーメイド)

マカン・マランのシャールの言葉で

最近前向きになれていた私。

でも、シャールの言葉は

作者である古内一絵さんの言葉。

シャールの言葉を求めるように、

古内さんの作品”快晴フライング”

(改題 銀色のマーメイド)読みました。

今日は感想を書きます。

登場人物

月島タケル   水泳部 部長

上野龍一    水泳部 タケルの幼馴染み

敦子      水泳部 タケルの幼馴染み

三浦有人    水泳部部員 ちびのお調子者

五十嵐弘樹   水泳部部員 重量系

東山麗美    水泳部部員 トロそうな女子

マトマイニ ワイリム   ケニアから来た水泳部部員

雪村襟香    謎の美少女 水泳部部員になる

柳田先生    理科教師 水泳部顧問

御厨清澄    

黒光大輔

あらすじ

廃部寸前の弓が丘第一中学水泳部。部の存続条件は『メドレーリレーで大会優勝すること』。けれど残っていたのは、戦力外メンバーばかり。頭を抱える部員たちが諦めかけたその時、人魚のように泳ぐ謎の少女が現れ…。

bookデータベース

気づきました?

柳田先生に、シャール、ジャダが出てくるんです!!!!!



というか、古内さん

この’快晴フライング’がデビュー作。

なので、この作品のほうが

マカン・マランよりも先なんですよね。

小説の中でもお料理は出てくるものの、

マカン・マランはまだ存在していません。

ダンスファッション専門店シャール 

となっています。

それでね、シャールのオカマ感がすごい。

話し方のオカマ感が。

ドラッグクイーンなんですけどね。

愛ね、愛!燃えるわ、照れるわ、青春だわぁ

2回もこのセリフが出てきたりします。

雪村襟香と柳田先生

マカン・マラン おしまい の

最終話で出てくるエリック。

その話はエリックと柳田先生の再会。

マカン・マランにしては

エピソードがないなーと思っていたんです。

そういうことなんですね。

この’快晴フライング’を

先に読んでたら良かったんですね。

こっちから読んでいたら、

最終話の感想ももっと違っていたのかもしれない。

逆にシャールのことは

マカン・マランを先に読んでいなかったら

通り過ぎていったかもしれません。



でも、シャールの名言は

ここから始まっていました。

  • すてきね、空気読まない?上等じゃない。空気なんて読んでたらドラッグクイーンは務まらないわよ!
  • この格好はあたしの主張、悪く言えば私のわがままね。あの子は違う。あの子の行く道は険しいわ。
  • 追い詰めないであげて、理解しなくてもいいから。
  • 2つの性を生きるあたしたちは強いの。決して諦めたりしないのよ。
  • 確かにあの子たちはまだ15歳だけど、15歳だって一度きりしかないじゃない。皆も必死よ。あたしも必死。おばちゃんも必死。でも、あの子たちだって同じように必死なのよ。
  • 何が正解かなんて、あたしで分からない。でもしょうがないわよ。教師もおかまも神様じゃないんだから。

シャールが出てきたことによって、

シャール好きな私の読むスピードはグンッと上がったけど、

作品に出てくる潤一をはじめ、みんなの成長が素晴らしいです。

私には、遠い遠い過去の青春時代。

娘にはこれからくる青春時代。

その時に、強い気持ちで一緒に

進んでいきたいと思いました。

シャール好きな方はもちろん、

青春真っ只中の子、子育てに悩んでいる方にも

ヒントになりそうな作品。

この作品を読んで、

快晴フライングは映画で

マカン・マランはドラマが良いな。

なんて考えたりしました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました