区別は必要、差別は不要だと思うの。

その他

おはようございます。

たごっとです。

先日、電車の中で知的障害者の方が

隣に座ってきたんです。

で、たごっとに

「〇〇駅にトイレはありますか?」

って聞くんですね、

「改札出た所にあります。」

って答えたら、

「△△駅にトイレはありますか?」

って聞いてきたんです。

「改札出た所にあります。」

って答えたんです。



で、その方二人分のスペース取っていて、

話しかけるたびに、

たごっとの方に

手だけ、ちょこちょこって

近づけてくるんですよ。

アダムスファミリーみたいな感じ?

なので、たごっと眼力強いので、

眼力でだめよみたいな感じを出すと、

手を引っ込めるんです。

で、次に

「おしっこしますか?」

って聞くんですよ。

「うーん、しますね。」(小声)

って答えたら、

その方、自分の股間を指差して

「ここからですか?

ここなんていうんですか?」

って言ってきたんですね。

もう、

苦笑いするしかなかったんですけど。

で、たごっとも確かに困ったんだけど、

明らかに、

知的障害者だったので、

上手くその場を治めたかったんです。

目的地につくまでその会話の繰り返しでした。



対応の仕方

たごっと、ちょっとの期間なんですけど、

養護学校の先生になりたかった時期が

あったっていうのもあるのかも

知れないんですけど、

なるべく、普通に接したいんです。

そういう時。

電車の中の人達、

結構、奇異な目でジロジロ

見てる気したし、

明らかに空間が

できちゃっていたんですけど、

それって差別だよね?

って思っちゃうんですよ。

変な会話ではあったけど、

会話はできるんだから、

奇異な目で見なくても良くない?

って。



健常者がそんな会話したら

奇異な目で見るとか、

逃げたりだとかしても

構わないと思うんだけど、

明らかにその方違ってたし。

差別と区別

そもそも「区別」とは、あるものとの違いを認めて、はっきり両者を分けることで、

差別」とは、偏見や先入観を元に特定の人々に対し不平等な扱いをすることである。

だって。

結構、難しい問題なのかな?

とも思うんですけど、

健常者と知的障害者って

区別して対応しなきゃいけないと

思うんですよ。

電車とか乗ると、明らかに

迷惑って言ったりする人もいるし、

顔に迷惑って書いている人も

いるんですけど、

それは、良くないことだと

たごっとは思っちゃうんですよね。

だって、

そういう個性の人たちなんだから、

健常者と同じようにしろって方が

無理じゃないですか。



なぜ、そこを健常者と同じにするように

求めているのかがわからない。

っていうか。

もしかしたら

そういう人たちって

差別と区別の違いがわかって

いないのかも知れないし、

単純に残酷な人間なのかも知れない。

まあ、いずれにせよ

たごっとは

ちゃんと区別して

対応していきたいと考えています。

後日談

その後日に、その知的障害者の方が

同じ車両に乗っていたんですけど、

威勢のいいおばあちゃんが、

ずっと、

あんたしっかりしなくちゃ駄目よ。

って

ずっと、喋り続けてて、

おばあちゃんいいなあ。

って思いながら見ていました。



そのおばあちゃんは、

きっと、区別とか差別とか

そんな事考えていなくて、

誰にでも、

同じ対応をしていたんだと

思うんですけど、

そんな対応も

素敵だなって思いながら

聞いていました。



最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

素敵な一日を

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました