靴修理の仕方。夏休みの自由研究にも使えるかも?高い靴を買うのはコスパ最強。

こだわり

ダンスコのサボサンダルを絶賛愛用しています。

dansko(ダンスコ)の靴はこんな感じ。

好き嫌いが分かれそうなデザインの靴ですが、

私はダンスコの靴が大好きです。

低身長さんの私には強い味方になってくれるし、

なんてたって、足に優しいですから。

お洋服を着ている写真の時、

結構な確率で履いています。

今度は白のサボサンダルを購入しようと決めていますが、

だからといって、今履いている靴を処分するなんてことはしません。

靴は、リペアしながら長く履くようにしています。

なので、靴を購入する際には、

高くてもリペア、メンテナンスができる靴を選ぶようにしています。

5年も履いている、

夏場特に大活躍する私のダンスコ。

気づいたら革が剥げた箇所が。

今回は、

そのリペアの工程をご紹介します。

修理

ボロっちくなったダンスコ

何だか悲しい。
留め具を剥がしていきます。
左右でこんなに沢山。
このままでも可愛い気がする。
バイピング部分の型紙とり。
セロテープで型取り
革に写します。
新しいバイピング箇所
糊付け
縁にバイピング生地を中表に縫い付けたところ
縫い付けたバイピング生地を内側に入れ
表側から押えミシン。
もとの穴に一つ一つ戻します。
あらやだ、かかとのとこまで。
ぴっかぴか。
新品より新品。

もとはこれだったのに。

まちのリペアショップ

駅だったり、デパートの上の方の階もしくは

デパートの玄関近くなどに

リペアショップを多く見かけますよね。

大事な靴やバッグは

そういうところに持って行って修理するのがオススメ!!

特に自分の好きな靴ほど、

ずっと履きたいものですからね。

どうですか?

本当にきれいに仕上がっています。

ビューテホー!!

このダンスコはそうでもないですが、

Tricker’sやレッドウイングなど

本革の靴は、

製法にもよりますが、

フットベット(足を入れている底の部分)が自分の足型に沈み、

足を包んでいる部分の革が自分の歩き方にそってシワが入り、

履いていくうちに自分の足に馴染むように出来ています。

なので、

最初の1ヶ月くらいは

足が痛くなったり靴擦れします

でも、そこを乗り越えると、

ほんとに楽。

革が自分の足にフィットして

長時間歩いても疲れにくいです。

おまけに言えば、

1ヶ月後より1年後

1年後より3年後

どんどん履きやすくなります。

なので、

定期的にメンテナンスをして

一生物の靴になるんですよね。

ジョニー・デップとかが

100年前の靴を履いてたりしますよね。

それって、

革が柔らかくなって、

馴染みが本当に最高なんだと思います。

買ったときは失敗?って思うくらいに痛いですが、

そこを乗り越えると、

一生のお友達になれるので、

高い靴はちゃんとお店にいって

お店の人に相談して、

自分にあった靴を購入してください!!

長い目で見たら、圧倒的に

コスパ最高ですから!

【最大1000円OFFクーポン】 レッドウィング RED WING ブーツ アイリッシュセッター ラフネック メンズ レディース ROUGHNECK 6INCH BOOT Dワイズ ダーク ブラウン 8146

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
こだわり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のつくりかた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました