個人的にイマイチだった小説。紹介してもいいですか?

ソーイング

おはようございます。たごっとです。

先日、私たごっとの好きなソーイング本の上位に入る本。

しかし、難しくってなかなか作れないソーイング本から

ジャケットを作ろうと思いまして、

張り切って型紙を写したんです。

9枚も。

もう、その時点で本気のソーイング感!



で、その型紙を布に写したら、なんと、

布が足りなーい。

薄々は思っていたんです、

ちょっと足りないのではないかと。

でも、布大っきかったしぃ。

上半身くらいスポッとはいるくらい大きかったしぃ。

でも、あら不思議。

足りなかった。

焦って、たごっとが購入している布屋さんのホームページ見ると、

残り50cm。

まじか、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

でも、幅の大きめの布なので、なんとか足りるのではと思い、

イチかバチかで頼んでしまいました。

おまけに送料無料になる1万円まで布を

買いに買いに買ってしまった。

どあほっ。

心に固く誓ったのに。

端切れを消費するまで布の購入はしないって。

自分に甘いたごっとです。

しかも、すっごい安い布屋さんなのもあって、

1万円になるまで

自分の気にいる布を探してたら、4時間かかっていました。

完全に、お金と時間の浪費!!



完全に自分の判断ミスなんですけどね。

自分が悪い事もわかっているんですけどね。

やさぐれた気分になってしまった。

おすすめしない本

今回は、ちょっとやさぐれた気分なので、

おすすめしない小説を紹介と思いました。

心がやさぐれると、考えることも違うね!!!

って開き直り過ぎな自分が怖いですが。

今回紹介する作品は本当に私の個人的に駄目だっただけなので、

(好きなものも個人的なものですけども。)

一応、誤解のないように書いておきますが、

私が、おすすめしないだけで

作品の善し悪しとは全く関係がありません。

あくまでも個人的な感想ですので、

もしも、これから紹介する小説のファンの方がいたら、

そんな人もいるんだ〜

くらいの感じで読んでいただければと思います。

本当に一個人の感想で悪意は全く無いです。

まずは、夜は短し歩けよ乙女

この作品、本当に賛否が分かれる作品。

凄く面白かったと大絶賛される方もいれば

私のように、駄目だった方挫折される方。

不思議な作品です。

私が読んだ時に思ったことは、

森見さん、町田康に憧れてるな。

ってこと。

町田康の文章が私は好きなんですけども。

町田康の文章に憧れて、全く消化できずに書かれた文章といった感想を持ちました。

うん、でも本屋大賞2位も取っているので好みの問題なんでしょうね。

続いては、鴨川ホルモー

created by Rinker
¥616 (2022/12/07 20:36:21時点 楽天市場調べ-詳細)

映画化もされている作品。

本の中での、

ホルモーという盛り上がりがイマイチ

私の中では盛り上がらなかったのですが、

意地になって読み進めました。

映画の方も怖いもの見たさで見ましたが、

まだ、映画のほうが良かったかな。

小説よりは良かったというレベルです。

でも、この作品も先程の作品と同じように

好きな人は好きなんですよね。

うーーーーーーーーーん。

私の感性がババア過ぎるのかもしれません。

続いては、庵堂三兄弟の聖職

こちらの本も一応ホラー大賞取っているんですよね。

私はホラー作品は今までの人生で多分この作品しか読んだことがないのですが、

ホラー小説?

ちょっとも恐怖も戦慄も感じなかった。

怖くなかったから低評価にしているわけではなく、

なんか、読んでると韻を踏まないラップみたいな感じなんです。

読みにくいか読みやすいかで言うと

読みやすいんですけど、

で?

っていう感想しか残らなかった。

最後に

本を読むのって凄く楽しいし、

私は、他の方の本の感想を読んだり聞くのも結構好き。

自分と同じような感想を読むと共感できるし

全く違う感想を読むと

そんなふうに感じるんだ!!

とか、

なるほどね〜と思ったり。

ただ、否定的な感想は好きではない。

なので、今回書いた3冊も否定的な気持ち全くありません。

むしろ、なんとな~くですが

逆に好きな人の気持ちもわかるような気がするんです。

上記の3作品については

私が10代だったら面白かったのかもしれないと思うし。

だからこそ、本屋さんには本がいっぱいあるんだよね、きっと。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました