みんなのカットソー パフスリーブのTシャツ簡単に作りました。

ソーイング

購入したそもそもの理由は、娘に作ってみたい服がニット生地だったから。

そして購入する時に生地が安かったので、

成長するからどんどん作ればいいしなんて思って購入。

5年ほど前に無知な私が購入した大量のニット生地。

まだまだ大量に残っています。

新しいギフトショップ【TANP】

その理由は、

最初に作った、子供に作ったニットのワンピースで苦労したから。

1着は頑張って作ったんですよ。

試行錯誤しながら。

時間を掛けて、

でも、出来上がった頃にはニット生地の服二度と作るか!!って思っちゃったんですよね。

で、捨てるには惜しい量のニット生地が残ってしまいました。

捨てるわけにもいかず放置していたのですが、

そろそろ何か作ってみようかしら?

という気持ちになったので、

みんなのカットソー

というソーイング本を購入してみました。

カットソー、、、、、、、、

そのワードだけで特に本の説明も読まずにポチってしまった私。

届いてびっくり。

ロックミシン専用!!!!!!!!

我が家ロックミシンありまへん。

でも、ミシンに断ち止め機能ならある。

ロックミシン買う余裕は今の所無いので、

強引に家にあるミシンでやりました。

すると、びっくり。

できちゃった。

スルスルッとできちゃった。

なんなら、リネンより全然楽。

では、家にあるミシンで挑戦したTシャツの作り方紹介していきます。

材料

布 (ニット)   150cm幅80cm

伸び止めテープ(9mm〜12mm)   約70cm

感想

作ってよかった!!てか、もっと早くから作ればよかった。この本購入してよかった。

新しいギフトショップ【TANP】

もう、大絶賛してしまいます。

もう嫌だという気持ちになってしまった時と何が違うのか?

ミシン。

というのは嘘なのですが、

前回のニット生地のワンピースを作ったときのミシンは壊れたので、

購入しなおしています。

なので、ミシンも

もしかしたら理由の一つになるかもしれません。

今回、ロックミシンの本ということで、

ロックミシン感をよりあげるためにと思って

ミシンの説明書しっかり読んだらミシンの留め具に

断ち止め縫い用の抑えがちゃんとあったのです。

それを使ったのが大きいかと思います。

このミシンでもそうなのですが、

断ち止め縫いをする時にも抑えを変えたことがなかったんです。

はい、雑。

そして、今日作った洋服はで直線縫い使っていません。(本では少し使います)

ちょっと使おうかと思ったのですが、

娘のワンピースを作った際に、

のびのびして前に進まないニット生地を思い出すとロックだけでいい。

と思いました。

新しいギフトショップ【TANP】

全く問題なしです。

ちなみに前回、あまりにもできなくて、

ニットの縫い方を色々ネットで調べて、

紙を挟んで見たりしてやったんですけど、大変でした。

縫うのも、間に噛ませた紙をとるのも。

思い出したくないくらい大変でした。

でも今回は嘘みたいにできちゃった。

上手か下手かは置いといて、

ほとんどの洋服は作れるので、

出来る限り自分で作っていますが、

ニット生地の洋服だけは、

迷うことなく既製品のを購入していました。

今回の成功で、

ニット生地の洋服もできるだけ

作ってみようと思いました。

注意点

  • 本では直線縫いをしてから、ロックミシンをかける場所もありました。            私が直線縫いをしていないだけなので気になる方は本で確認してみてください。
  • 襟の布は気持ち型紙よりも2cm〜3cm位長くても良い気がしました。めちゃめちゃ襟伸ばしながらでも足りなかったです(強引に間に合わせましたが)。下の写真を見ると向かって左の襟元にギャザーよってしまってるのが解りますね、、、、、。雑な仕上がりが気になる方は襟布長めで取ったほうが良いかもしれません。
  • 152cmの私はs サイズで作りました。

最後に

この本についている型紙は、縫い代込みなので初心者にも簡単なのでオススメです。

裁ち目縫いやジグザグミシンをかける時は、ゆっくりかけるときれいに仕上がります。

あと、ミシンがヒートアップしちゃうと壊れやすくなるので、休ませながらやったほうが良い。

私は1代目のミシンを長時間連続で使いすぎて駄目にしてしまったので、みなさんもお気をつけください。

新しいギフトショップ【TANP】

しばらくニットソーイング続けます。(ニット生地たくさんあるので。)

こちらの本を見ながら作りました。

CUT&SEWみんなのカットソー ロックミシンをもっと楽しく/かたやまゆうこ【1000円以上送料無料】

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました