CHECK&STRIPE SEW HAPPYからパッチワークブランケット作って見ましたが。の巻

ソーイング

先日、新しい布が届いたことをブログに書きましたが、

新しい布を使う前に、端切れをどうにかしたくて。

なにせ、端切れを入れている収納ボックスの中がパンパン。

お洋服を作ってるとどうしても端切れってどんどん溜まっていきます。

因みに私が収納しているボックスはこちら。

シンプルなものから、柄も沢山。

で、蓋がなくても可愛いのですが、

蓋をすると、こちらのボックスをどんどん積み重ねていけるのです。

蓋は木製とプラスチック製があり、どちらにも色のバリエーションがあります。

購入する際には、サイズも色々あるので蓋とボックスのサイズの確認してくださいね!!

このボックス。子供部屋の収納にとてもいいです。

我が家は、こちらのボックス子供部屋だけでなく食材やお菓子のストックなどにも使っています。

蓋をせず、長い定規やハトロン紙なども入れています。

ポスターとか沢山ある方にもおすすめ。

興味のある方は、ぜひ見てみてくださいね。

パッチワークのブランケット

話がだいぶ脱線してしまいましたが、

この間この本を購入したんです。

エプロンドレス目的で。

で、この本を見ていたらパッチワークのブランケットなるものを発見。

もう、端切れ大活躍でしょ。

作り方を、大雑把に見る。

大雑把に。

もうね、最初から間違えていました。

カットした布切れ180枚用意した後でした。

何が間違えていたかって、サイズ。

12cm四方に本当はしなくちゃいけなかったんだけど、

全部10cm四方にしてました。

でもいいの。

端切れ消費できれば。

作り方

真四角の布を10枚はぎあわせていく

それを18回繰り返す。

そして、できた18枚をつなげる。

出来上がったものに裏布つける。

以上。

感想

サイズの失敗は大した問題ではなかったです。

ただ、出来上がりが気持ち小さかった。

でもいいの。

ブランケットのサイズなんて決まってないから。

好きなように作れば良いのです。

出来上がりはこんな感じ。

娘のベットカバーにしました。

短っ。

180枚作ったつもりだったのに、150枚くらいしかなかったみたい。

なんてミス。

でもいいの。

娘が気に入ってくれたから。

端切れアイデア

私はパッチワークの経験なし。

でも、この作品を作ってるときに浮かんだアイデア。

端切れが少なくてもつくれるもの。

粗品で貰うような、かわいくないタオル。

そのタオルのうらに、

今回のブランケットと同様の作り方で

同じくらいのサイズに作る。

それを中表に合わせて返し口を残して周り縫って

表に返して返し口をまつる。

かわいいお手拭きの出来上がり。

というか、裏布のサイズに合わせてパッチワークしていけば大丈夫。

捨てるほどではないバスタオルとかの裏に縫い付けて、

バスマットにしたり。

(使うときはタオル側、乾かして使わないときはパッチワーク側)

そんな感じで、

端切れの量で、大きくも小さくも出来る。

バスタオルくらいのサイズであれば、

手縫いでも大丈夫。

感想

もう、単調な作業の繰り返し。

でも、私、単調な作業きらいじゃない。

単調な作業って初めこそ色々な事考えているんだけど、

続けていると、なんか色々なことを忘れてる。

私、キャベツが好きなんですけど(唐突!!)

ストレス溜まってると、キャベツの千切り作ってます。

もうね、夢中。

そいでね、食いしん坊だから食べれちゃう。

一番好きな食べ方は、

千切りキャベツを深めのお皿に入れて、

ラップして3分くらいレンジで加熱。

そこに、納豆と納豆のタレとごま油とのりを入れてガシャガシャ混ぜる。

最高!!

って、また脱線しすぎましたが、

端切れは早めに消費したほうが良いと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました