ブックカバーとランチョンマット

ソーイング

最近、布マスクを作ったりして、

家に端切れなどあまっていませんか?

私は布マスク作っていないのに、

我が家には端切れが結構あります。

少し大きめの端切れと

リボン刺繍に初挑戦しがてら、

ブックカバーとランチョンマットを作ってみました。

はじめてのリボン刺繍

家にあったリボン刺繍用のリボンを

普通の刺繍糸に通して力任せにやってたら、折れちゃった。

薄々はきづいていたんです。

本にリボン刺繍用針って書かれてたから、

私の雑な性格が刺繍針ならなんとかなるだろうと判断したのですが、

なんとかならない案件でした。

私がよく行くユザワヤは規模が小さくて無いであろうと判断した私。

アマゾンさんでポチりました。

リボン刺繍用のステッチ用とニット用。

右に写っているのは、家にあって使用したら折れちゃった刺繍針のセット。

気を取り直して、やってみました。

一応花みたいに出来たけど、これだけで軽く1時間程かかりました。

指が。両手の親指、第二指、第三指はもう疲れ果てている。

針が折れなかったので購入したのは間違いなかったのですが、

今日使った端切れが麻布で

しかも接着芯を貼ってしまった後にやったのが問題だと思われます。

針の問題ではなく布問題だったのかもしれません。

でも、一応書いておくと刺繍針とリボン用の針は

やはりリボンを通しやすくするために上に行くほど太くなっています。

リボンも1度で通りました。

刺繍用の針にリボンを通すのはちょっと時間かかります(当たり前)。

なので、リボン刺繍専用針でやったほうが良いのは間違いです。

で、リボン刺繍針ニット用のリボンを通す穴が大きかったので、

家にあった太めのリボンを通してみたら針に通ったので、

これでリボン刺繍したら可愛いかもという思いつきでやってみた結果がこれ。

でっかい穴があいただけ。

でもまあ、一応出来たのでブックカバーとランチョンマットづくりを開始します。

ランチョンマット

今の小学校は全部そうなのかしら?

私の娘の通う小学校は、毎日ランチョンマットを持っていきます。

なので、入学前に3枚ほど作ったのですが、

端切れがあったのと3年生になるので新しいものを作ってみました。

家にあった、山道ラインなるものがあったので

リボン刺繍と組み合わせて作ってみたら可愛かったです。

大きな穴を開けてしまった部分は、ボタンで隠しました。

感想

優雅だなと思っていたリボン刺繍。

私がやると全然優雅ではなかった。

でも、布目が粗いものにしたら良いのかもしれないという可能性があるので、

暇なときにでも再チャレンジしてみます。

山形ラインなるもの、なにかに使えそうと思って

ずっと引き出しに入れていたのですがなかなか使えるやつでした。

麻のリネンは出来上がりの見た目が可愛いんだけど、

アイロンがかかりづらいので私にとっては手強い相手です。

ランチョンマットは、娘が大変気に入ってくれたので大成功です。

やっぱり喜んでもらえると嬉しいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました