端切れとフェルトでバブーシュ作りました。

ソーイング

おはようございます。

たごっとです。

最近は、端切れ消費に奮闘しているんのですが、

もう、さすがに飽きてきている。

端切れと格闘している時に思うことは、

パッチワークしている人って

凄いなーってこと。

細かい端切れを使うのもそうだし、

色とか、柄とか合わせるのも

本当に大変そう。

たごっとの母親(毒親)は

一時期、パッチワークにハマっていましたね。

いつでもルームシューズ

今回、参考にした本はこちら

【中古】はるなつあきふゆいつでも手づくりル-ムシュ-ズ /日本ヴォ-グ社(ムック)

コチラから作った作品は

コチラのブログから

リゾート風サンダルのスリッパを作りました。
作業時間30分?リゾートサンダル風スリッパ作ってみました。

ビルケンサンダル風のルームシューズ
ビルケン型ルームシューズ作ってみました。

今回も

底の方に厚手のフェルトを使用しているのですが、

以前、アマゾンで購入したこちらの商品を使用しています。

工程

両足分の材料を切った。

フェルトは結局、片足につき1枚しか

使用しなかったです。

甲の部分。

表布と裏布を中表に合わせて、

クリッパ口?部分を縫って

切り込みを入れたところ。

切り込みを入れたあと、

表に返して、縫い代より外側

(出来上がった時に見えないように)

をくるっと一周ぬう。

甲の部分とかかとの布を中表に合わせて

繋げるように縫う。

そして、

スリッパの底(今回はフェルト)

と、中表に合わせて周りを一周

縫い付けて、ひっくり返したら

出来上がり。

スリッパ作るのは嫌い。

今回のバブーシュは

フェルトを使うことによって、

簡単に作ることが出来たので、

なんとか最後まで作り上げることが

出来たのですが、

たごっと、実は

バブーシュ作りに挑戦するの5回目

位なんです。

毎回、型紙取って、布を切って、

ミシンの前に座るんですけど、

10分位したら止めちゃってたんです。

なぜかと言うと、

面倒くさい

挑戦したバブーシュは

全部、違う本を見て今回は

出来るかもの期待をしながら

型紙取って、布を切って、ミシンの前に座るんですけど、

どうも、

面倒くさい。

なんか、切り込み入れたり、

ごちゃごちゃしてて

嫌ってなっちゃてたんです。

でも、今回底の部分をフェルトにしたことで、

グッと工程が楽になって

何とか、作り上げることが出来ました。

そう思うと、

今までのバブーシュは

底を作る段階から、

キルト芯とか縫い合わせないといけない

工程が最初にあるので、

底の部分の工程が嫌いだったんでしょうね。

今回は、作り上げられたので、

良かったですが、

たごっと、スリッパづくりは、

前回、前々回につくった、

工作スタイルで作れる、

サンダルスリッパをこれから作ると思います。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました