AIGING OF Filson

こだわり

おはようございます。

たごっとです。

以前にASING OF BOOTS

というものをブログに載せたんですけど、

今回は、

フィルソンのバッグ。



世界には色んなマニアがいるもんですよね。

本当に知らないことばっかりっつーか。

経年変化マニアの仲間入りをしたい

記事です。

フィルソンバッグ

 1897年、ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウエアを生産する為に設立された「フィルソン」。創設者CLINTON C.FILSONが掲げたコンセプトは「どうせ持つなら最上級のものを」。上質な天然素材を用い、綿密に計算された設計と正確かつ堅牢な縫製で、一切妥協のない製品を提供。金の発掘という劣悪な環境下で酷使されながらも、十二分にその性能を発揮するフィルソンのプロダクトは、アメリカのワーカー達から高い信頼を獲得。森林警備隊や空軍、陸軍といった米政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。ファッションシーンにおいても、その質実剛健なスタイルは高く評価され、近年ではイタリー製ユーロラインを展開するなど、多方面から注目を集めています。

フィルソンのバッグは

靴同様

一生モンの付き合いっつーか、

使い込んで味を出すことに

意味があるっつーか

そういう感じです。



我が家は、まだフィルソン歴も短く、

マニアがやるように

オイルを染み込ませてもいないので、

まだまだ赤ちゃんフィルソンって

感じですね。

味を早く出したい方は、

オイルを染み込ませていますね。

我が家もそろそろ

やってみようかしら?



写真

このバッグは、5年位経っていますが、ほとんど出番がないので、

まだまだ、新品同様といった感じです。

こちらは6年目。

夫が仕事の時に使用したりしています。

でも、そこまでのヘタレ感は無いです。

created by Rinker
¥41,799 (2022/12/03 14:48:54時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは8年目くらい。

最近は全然使用していないのですが、

購入したての頃は、

夫も私も使っていました。

ヘタレ感はないですが、

色は大分褪せています。

そろそろオイルを入れてみようかな?

って感じですね。

大きさ

本当に赤ちゃんフィルソンなので、

今回は大きさなどを参考になるかな?

と思い載せてみました。



私は152cm、夫は172cmです。

で、3つのバッグとも

写真の印象よりは

中に詰め込められる感じです。

一生モノのバッグなので、

オススメです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

楽しい一日を

ブログランキング・にほんブログ村へ
こだわり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のつくりかた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました