断捨離しないでいいのかも?

今日の日記

おはようございます。

モノはよく考えて購入するので、

どんなに古くても、どんなに使い古していても

大事なものは大事だと思って、

断捨離するという事は全く考えていなかったのですが、

最近、あまりの物の多さに自分自身が嫌になってしまい、

断舎離したいなーーって思いながら

お片付けを始めても、

どうしても捨てられなくて、でも捨てたくて。

でも捨てられなくて。

なにかのヒントになればと思い、

この本を読んでみました。

捨てない生きかた

今回、断舎離とは真逆の考え方の本を読んでみました。

created by Rinker
¥999 (2022/12/06 02:10:20時点 楽天市場調べ-詳細)

この本の表紙に

捨てなくていい

何年も着ていない服、古い靴や鞄、本、小物

愛着ある『ガラクタ』は

人生の宝物である

捨てない生きかた

この本は、背表紙に

人生百年時代

『捨てない生活』のすすめ

とあります。

そこがこの本のポイントで、

人生の後期、

老後の人生に入った時に、

ものがないという生活は物悲しく、

逆に、愛着のあるものが周りにあることで、

今までの人生の振り返りが出来たり、

その頃の気持を思い出すことによって、

温かい気持ちになれることもあるのではないか?

という感じの内容でした。

その他の内容としては、

宗教観、歴史的な面での

断捨離、ミニマリズムについても書かれているので、

色々ためになる本だと思いました。

少しずつ断捨離

この本を読んで、私は少しずつ断舎離しようと思いました。

私は、殆ど衝動買いというものをしないので、

購入したらちゃんと使用するので

売って処分できるものもなく、

こだわって購入するので、

処分をするのに本当に勇気がいるので、

どんどん処分していこうとはまだ思えず、

けれど、私自身が長生きをするとは思えないので、

五木さんの『100年時代』という前提にも

なかなか同意はできないので、

ゆっくりじっくり、物を処分していこうかな?

と思いました。

シンプルな生活にも憧れ、

大好きなモノたちに囲まれる生活も

好きなのですが、

やはり、人生を折り返しているという気持ちが

強い私としては、

徐々に処分していくのが正解なのではないかな?

思いました。

断捨離という言葉により、

早く処分しなくてはいけないという

焦りの気持ちは無くなったので、

この本を読んで良かったと思いました。

おはようございます

3:15起床

カフェオレ2杯のんだ。

王将の冷やし中華食べた。

娘はチャーハン定食食べたんだけど、

王将ってあんなに少なかったけ?

多分7,8年ぶりに行ったんだけど、

驚いた。

ってか冷やし中華も少なかったんだけど、

ちゃんとお腹いっぱいになってる。

胃袋小さくなったなーー。

しめじの和風パスタ食べた。

マンゴーも食べた。

なんか、お腹周りが太っといぞ。

24:00

就寝。

おやすみなさい。

昨日のライブ配信の記憶が、、、

これからする、私のライブ配信を

ためらわせる。

するけどね。

今日は、コメントは少なかったけど、

なんかいい配信だった気がする。

コメントを読みながらコミュニュケーションを

図るのもとても楽しいけど、

なんていうんだろう?

SNS感ではなく、配信ぽかった。

そこが良かった。回。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました