ぼくには数字が風景に見える  ダニエル・タメット

今日の日記

おはようございます。

昨日は、数学と語学の天才青年の自伝的手記を読みました。

こちらの本です。

created by Rinker
¥803 (2022/12/07 12:32:03時点 楽天市場調べ-詳細)

内容

ぼくが生まれたのは一九七九年の一月三十一日、水曜日。水曜日だとわかるのは、ぼくの頭のなかではその日が青い色をしているからだ。水曜日は、数字の9や諍いの声と同じようにいつも青い色をしている。―――<本書より>

ヒゲがうまく剃れない。右手と左手をうまく操るのが難しいから。
人の言葉が聞き取れない。雑音の混じったラジオを聞くように、意味がつかめないから。
代わりに、彼は数字のなかに風景を見ることができる。
円周率22,500桁を暗唱するとき、豊かな景色が彼に正解を教えてくれる。
新しい言語を覚えるとき、文字の色が彼に正解を教えてくれる。

サヴァン症候群とアスペルガー症候群、そして共感覚をもつ、言語と数学の天才青年ダニエル。
他人と違うゆえの「普通になれない」悩みと、それ自体を人と分かち合えない苦しみ。
思春期をこえて、大人になろうとする彼が選んだ「自立」とは。
ダニエルが「頭と心の中」を語る感動の手記。

amazon

この本の初めの

『青い9と赤い言葉』の章は

この本の前書きにあたる部分だと思うのですが、

この章だけで、私はこの本の著者ダニエルの

優しく、柔らかい文章に心を惹かれてしまいました。



2章からは、

ダニエルの両親の事、赤ちゃん時代の話が始まります。

赤ちゃん時代の話を読んで、

ダニエルのご両親には尊敬する気持ちに。

私の娘も、小さな頃からアトピーで、

大変に寝付きが悪く、3歳まで夜は私も娘も殆ど眠れず、

だからとて、昼間も長く寝てくれるわけでもなく、

本当にキツイ時期があったのですが、

ダニエルの赤ちゃん時代は、それが比にならない位で。

でも、その時にご両親がダニエルを抱っこして、

肌の肌のふれあいという面からも愛情いっぱいに

育てたから、第一章のような優しい文章が

ダニエルには書けたのだろうと思いました。



目に見えない心

僕はいつも消え去りたいと思っていた。

どこにいても自分がそこにはそぐわないと思っていた。

まるで間違った世界に生まれてきてしまったというような感じだった。

安心していられない、穏やかな心持ちでいられないという感覚。

どこか遠く離れたところにいつもいるという感覚が

絶えず重く僕にはのしかかっていた。

本文より

サバン症候群や自閉症スペクトラムの方々は、

一般的な人から見ると、

こだわって、マイペースで、、、、自分のペースを大事にする。

そんな行動を取るため、

印象的には他人には動じない印象が私にはありました。

けれど、この文章を読んで、

当たり前のように人間の心があって、

そして、他の人とは違うように生きていることに、

こんなにも違和感を感じているのかと、

思い知らされました。



この文章がでてくるまでに、

サバン症候群のダニエルが、

世界がどのように見えているのか、

世界をどのように感じているのか、

が書かれており、そのダニエルの感じている世界が、

私には美しいと感じたり、面白いなと感じたり、

けれど、それは本を読んだ私の想像の中の世界であって、

実際に生活するとなると大変だったんだろうなとも考えたり。

レインマン

サヴァン症候群といえば、この映画

この映画のモデルとなった、キム・ピーク

キムとダニエルが対面したときのエピソードなども書かれているのですが、

二人が初めて交わした会話で二人は

一瞬にして心が通じ合うのですが、

そこを読んだら、涙が出てきてしまいました。

特別、感動するお話でもないとは思うのですが、

私の心の琴線に触れてくる会話でした。

『日曜日』という単語だけで、泣ける自分が不思議。

実は私『レインマン』見よう見ようと思いながら、

まだ、見たことがないので、

近いうちに見ようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました