立つ鳥跡を濁さず。ってね。

クリニックで働く

おはようございます。kasumiです。

12月15日に退職することに決まった私。

で、退職届を出してから退職の日まで立つ鳥跡を濁さず。

という気持ちで挑もうと思ってます。



私の仕事

私の業務は一言で言えばドクターの診察の際の秘書みたいな感じ。

私の職場では一番離職率が高く、他の職員も絶対にやりたがらない。

一般的な企業で言うと、中間管理職みたいな感じで、あっちからもこっちからも色々お願いされてしまう。

そして、おまけにお客さん(患者さん)からも言われてしまう感じ。

なので、聖徳太子とまではいかないですが、酷い時は4,5人分患者さんの診療内容を記憶して、

処理していかなくてはいけない感じ。

処理している間も、もちろん診察は進みますし患者さんはどんどん来るので、

その診察の流れも私がうまく回さないと、リハビリテーション科と診察のバランスが悪くなって、

他の職員の仕事が回らなくなったりして、診療時間を大幅に延ばしてしまうことになるので、

とにかく大変。



そんな大変の中、ミスをしたらもっと仕事が増えるので、

本当に必死な感じ。

って、ここまで大変さをアピールしましたが、最初からは、そこまでの仕事は求められないのですが、

やっぱり人間慣れていくので、徐々に慣れていっての感じ。

仕事は楽しい

で、本当に大変な仕事内容ではあるのですが、私は、結構楽しめていたし好きな仕事だったんです。

では、何が駄目だったか?というと、

そりゃ、ドクターの人間性。その一言に付きます。

言葉遣いもあるんだけど、それは後日。



最近、先生自体も70歳を超えているので、ミスが増えたりしているのもあったりで、

今まで以上に私に仕事を振ってくるわけです。

おしゃべりしているナースを注意もしないで、仕事している私にナースの仕事までさせるとか

シンプルに無くない?ってか

ないわ〜

んで、仕事は振ってくるし、文句は言ってくるわで、

「そんな仕事の量、振ってくるならもうひとり雇って下さい。」

って言ったら、

「他の人は出来てたんだけどね〜」

(絶対ここまでやってない)

「あーーじゃあ私能力ないんで辞めます。」っていう感じで言ったんですけど。



本当に仕事は内容は大好きなんで、ここまで頑張れた感じもあるんですけど、

もう、限界でした。

なので、退職届を出す日までは好きな仕事だっただけに、悩んでいる感じもありましたが、

もう、辞めるって決めて、辞める日も決まったので、今はとにかく最後の日まで、

ひたすら頑張ろうと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

kasumi.

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました