パーマカルチャーの庭造り始めました。

秋花粉症で全身がかゆいたごっとです。

おはようございます。

先日、パーマカルチャーの庭造りをひっそりと宣言ました。

宣言をしたからには、ぼちぼち動かなくてはいけないなと思い、

ほんの少しだけ、庭のことをしてみました。

 

広くも、狭くもない、中途半端な広さの庭。どうしたら良いのか、考えてみました。
パーマカルチャー菜園と百姓魔女

薪割り

今年の夏はイマイチ薪用の木が運ばれてこなくって、

まだ、薪小屋1棟分スペースが空いています。

今年の冬は、薪無しで過ごすかと思うと不安でいっぱいです。

10年間、薪ストーブとともに冬を過ごしてきました。

薪ストーブの暖かさは、本当に快適で、

冬が苦手だった私が、冬が大好きになってしまうくらいに快適。



しかも、薪ストーブがついていると、

お料理の支度も出来るし、お洗濯物も乾く。

お洗濯物を乾かさなかったら、部屋の中が乾燥しすぎてしまうので、

薪ストーブを使用する季節は、

完全部屋干しです。

しかも、夜に洗濯して朝には乾いているので、

朝に乾いた洗濯物を片付けてから仕事に出勤できるというのは、

帰宅後の時間に余裕が持てるので、

ベストな時間の使い方ができるので、本当に最高なのです。

しかし今年は、薪が少ないので不安すぎる。

まあ、毎年薪ストーブをつけ始めてからも

どんどん薪用の木が来るので、大丈夫だろうとは

思っています。

割った薪は、少し乾かしてから薪小屋に入れます。

キーホール菜園について

我が家の庭の大きさと、私の理想の形の一つが

キーホール菜園。

パーマカルチャー菜園の形には、

この他にもスパイラル菜園(これも作る予定)、スクエア菜園、

生け垣菜園、タワー菜園、ベランダ菜園

などがあります。

今回はキーホール菜園の配置や特徴などを書きます。



配置と役割

キーホール菜園は鍵穴の真ん中のところに入って作業をします。

そうすることにより、

苗を植えたり、収穫したりする作業が楽にでき、

円の外側からも全体に手が届きやすい仕組みになっています。

作物と植え方の注意点

パーマカルチャーのキーワードとして多様性というものがあるのですが、

キーホール菜園もその「多様性」に沿って、

何種類かの作物を植えていきます。

その際に、日当たりを考えて植える。

例 背が高くなる作物は北側(影を作る為)

  背の低いキャベツやレタスは南側(日当たりが良いため)

そして、作物の外側には虫よけのためにネギやマリーゴールドを

交互に植えていく。

そして、菜園周囲の作業スペースとなる場所には

ペニーロイヤルミントやエンバクなどで覆うと

ペニーロイヤルミント
エンバク

菜園と区別出来たり土が崩れるのを防ぐことができるそうです。

エンバクは、オートミールのこと!!

オートミールは食べても栄養価が高いし、

害虫よけにもなる!!

オートミール最強説

キーホール菜園を作る

キーホール菜園とスパイラル菜園を作ろうと目指しています。

今回は、キーホール菜園の大体の大きさを決めて、

少し耕しました。

耕す前
ちょっとだけ耕した

ほんの少ししか耕せませんでした。

何なの!?私の体力。

ダイエットも兼ねてめっちゃ掘ってやる!!!!って

鼻息荒くしていたんですけど。

鍬を鍬を鍬を振り下ろすと、

バイ〜ン

ってなる。

土が結構ハード。

少しくらい無理をしたかったんですけど、

いや、無理して頑張ってもこれくらいでした。

これから長い道のりになりそうですが、

少しずつでもやっていくことが、

何事においても成功の秘訣のはず!!

我が家のキーホール菜園

キーホール菜園ってのは、形がキーホール。

写真に一応目標としている、キーホールを

線で囲ってみました。

ちなみに、外周の直径は3mくらいになっています。

写真では分かりづらいですが、

真ん中に抜いた雑草をためました。



そこに、我が家のかわいいウサギのうんちや

ちょっとした生ゴミなどを重ねていって、

腐葉土を作っていく計画です。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました