広くも、狭くもない、中途半端な広さの庭。どうしたら良いのか、考えてみました。

はじめまして、たごっとです。

気持ち新たに自己紹介してみました。

もうすぐ、冬が始まりますね。

というか、金曜日は寒さに文字通り震えてしまいました。

子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「お試し野菜セット」

我が家は自己紹介にも書いてあるように、

ログハウス。

そして、薪ストーブなんです。

それ以外の暖房器具はエアコンのみ。

というか、暖房器具としてエアコンは使ったことないです。

(吹き抜けの部分の2階に取り付けてあるので、使用してもあまり意味がない)

なので、薪ストーブをつけるまで(最高気温が12度目安にしてます)

寒いのなんのって。

薪ストーブに火を入れるようになったら、それはそれは最高なんですけど、

今くらいの季節から約1ヶ月間は寒さが一番身に応えることになるんです。

さっさと薪ストーブつければ?と思う方も

いらっしゃると思うのですが、

真冬に薪不足になったら嫌だなという思いから、

この季節だけは我慢です。

特に今年は、薪があんまりないんですよね。

今年の冬はちょっと不安です。

10年目の冬

来年の5月でログハウスでの生活が始まってから、

10年が経ちます。

子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「お試し野菜セット」

10年経過した我家の庭。

足がだいぶ埋もれています

どの角度からとっても、ボーボー。

草ボーボー。

私だって一応憧れているんです。

ターシャデューダーのガーデンに。

でも、気づいちゃったの。

ターシャの庭お花ばっかりって。

そして、めっちゃ広いって。

私はお花も育てたいけど、

それより、お野菜を育てたいんですよね。

で、本屋さん行くと小さい庭とかベランダ菜園とか。

そこまで小さいんじゃなくてー。

そうすると、結構大きめな菜園みたいなのでてきちゃうし。

そんなことをグダグダ考えていたら、

10年経ってた。

時間がすぎるのって早いね!!

私の理想の庭

言い訳をすると、子供が生まれたり、手湿疹がひどかったり。

10年間、草ボーボーの庭のままの理由は色々あるのですが、

一番の理由は、

どんな庭にするか明確なビジョンがなかった。

ということ。

でもね、この間見つけちゃったんです明確なヴィジョンを。

パーマカルチャー菜園を作ります!!

上記の5冊を参考に庭造りをしていくことを決めました。

子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「お試し野菜セット」

今の季節から春までは

ちょうど雑草も育たなくなるし、

庭造りには最適な季節。

なので、次の春が来るまでに

この冬は、庭造りに色々挑戦してみようと思います。

パーマカルチャーとは?

太陽のめぐみを十分に活用して

環境に優しい循環型の社会を築くという思想。

パーマカルチャー3つの倫理

・地球に対する配慮

・人間に対する配慮

・余剰物の共有

パーマカルチャーについては、

私も勉強し始めたばかりなので、

庭造りをしつつ色々学んでいきたいと思っています。

私が購入したパーマカルチャーの本

created by Rinker
¥1,650 (2023/02/03 21:44:45時点 楽天市場調べ-詳細)

この表紙の庭が、凄く良いなと思いまして。

我家の庭の大きさと、私の理想に合っているなと思い購入しました。

百姓魔女

本の中には、ひっそり魔女についても触れられていて、

実は私、魔女に憧れているもんで、

魔女の本も色々コレクトしているのですが、

今まで、魔女になりたいなんてこと

家族以外に口に出しては言ったことないんです。

だってなんか、ちょっとヤバいやつ感出ちゃうじゃないですか。

「私、魔女になりたいんですよ」

なんて言ったら、

はぁ?

って言われそうだし。

言われなくても心のなかで思ってるだろうし。

それに、美魔女ってワードと勘違いされそうだし。

美魔女ってワード嫌いなんです。

それこそ

はぁ?

私が心の中で言ってるし。

でも、この本に出てきた百姓魔女。

百姓魔女が、私の憧れている魔女なんです。

しかも、百姓魔女ならなんか、口に出しても良いような気がする。

「私、百姓魔女目指してます!!」

「はぁ?」

想像してみたらやっぱり駄目でした。

魔女って言葉のパワーとイメージの

アクが強すぎるんだなきっと。

でも、ブログでは書いても全然問題なしだと判断しました。

百姓魔女を目指して、

たごっと動きます(松本人志風)

パーマネントライフ

12月には私が目指している、

パーマカルチャー、パーマネントライフを目指すフランス映画が公開されるようです。

その前にパーマネントライフをより詳しく知りたい方に

おすすめの本はこちら

created by Rinker
¥2,750 (2023/02/03 21:44:45時点 楽天市場調べ-詳細)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました