バネ口金10cmで縦型ポーチ作ってみました。刺繍の出来に差が出るアイテムも紹介!!

ソーイング

ジメジメしてますね。

昨日仕事中に初めてめまいを体験しました。

軽いめまいだったけど、

立ちくらみとはぜんぜん違う感覚。

驚きました。

最近、睡眠不足気味なのが原因なのかもと考えています。

眠れるけど、ピッタリ4時間半で起きてしまう。

睡眠不足だから眠くはなるのですが、

早く寝るとそれだけ早く起きてしまいます。

私は、昔っから寝起きが良いので

ぱきっと目覚めちゃうんですよね。

起きている時間が長いことは

私にとってはとても嬉しいことなのですが、

昨日、初めてめまいを感じて、

駄目なことかもしれない。

ちょっとまずい状態なのかもしれないと、

不安な気持ちになっています。

長く寝る薬とかあるのかな?

今日も小物です。

誰かの参考になったら良いなと思いながら、

材料や作り方を書いてみます。

そして今日は、

綺麗に刺繍できるアイテムも紹介します。

材料

バネ口金  10cm

表布    36cm×12.5cm

      12cm×4cm  を2枚(口金用)

裏布    36cm×12.5cm

キルト芯  36cm×12.5cm

刺繍糸 適量

上記の布はすべて縫い代1cmを含んでいます。

作り方

  • 刺繍をする                         
  • 口金用布2枚の左右を1cmずつ折って、それを二つ折りにしてアイロン。
  • 下からキルト芯→表布(表上)→2で作った口金用布→裏布(裏上)重ねる。        (2で作った口金用布は、上と下にそれぞれセット)下写真
  • 布の上下を縫う。(口金を付けるところ)
  • 裏布を中表に、表布を中表にして折る。
  • 一箇所返し口10cmくらい残して、両脇にミシン。                     (口金布を一緒に縫わないように気をつけて)
  • 返し口から返し、返し口をぬう。
  • 形を整えてバネ口金を取り付ける。                             (口金はネジではないので付いているネジのようなものを歪まないようにセットしてトンカチなどで叩いて付ける)
  • 出来上がり

今回の刺繍は、こちらの本を参考にしました。

綺麗に刺繍するアイテム

最近刺繍に夢中。

刺繍をするには針に糸を通すという作業が必ずあります。

老眼でも刺繍針くらい針穴が大きいと問題なく糸を通すことが出来るのですが、

目が疲れてくるからか、

夕方くらいからはどうしても糸が通しにくくって。

刺繍をしていると、

針に糸を通す機会が多いので、

プチストレスを感じ始め、

買っちゃいました。

じゃーん。

ルーペ買っちゃいました。

これすごく良いです。

針に糸を通すために買ったのですが、

刺繍するときにもこれを付けてやると

針を指す位置がはっきり見えていい!!

肉眼で見るのとぜんぜん違う。

商品ページを見に行くと、

プラモデルを作る方とかが使用することが多いようですが、

わかります。

本当に細かいところが見えるから出来上がりが

ルーペを使うのと使わないのでは

ぜんぜん違う。

私が購入した商品は、

見える倍率が違うレンズが5枚付いている物を購入しました。

こちらです。

本当に買ってよかったです。

綺麗に刺繍したい方におすすめです。

老眼の方にはもちろん老眼じゃない方にもおすすめです。

最後まで読んでいただき ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました