久々に本に集中できた。

読書記録

こんばんは。

今日は、久々に本を1日じゅう読んでいました。

今、やっと読み終わって、

なんかすごく気持ちがいいです。

私の大好きな、

高野秀行さんの新刊本だったのですが、

常々、高野さんの本を読むと

高野さんの語学習得力の高さに驚いていたので、

この本を予約したときから、

みんなそう思っていたんだろうなぁ。

なんて思いました。

予想外

しかし、読み始めると高野さんは

語学を学ぶことはとても苦手とのこと。

苦手故に、ズルっこをしながら、

苦手故に、必要なことだけ、

そして、旅をしながら体感しながら

その国々で語学を習得していく、

その事が詳しく書かれていて、

本当に面白く読めました。

これからの語学学習について

現在は、通訳の機械やアプリが発達していて、

語学を学ぶ必要ようがあるのか?

語学を学ばなくても、

世界中の人々と会話ができる時代になっています。

この本のなかでご自身の考えなども述べています。

本当に面白い本でした。

語学の習得の手順のようなものも

書かれていたので、

なるほどーーーー

なんて思ったりもしましたが、

それを実践するのはなかなか難しいだろうなーーー。

本ってやっぱり面白いなーーと思った一日。

この波に乗って本を読む生活に戻りたいなあ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読書記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のつくりかた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました